トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 27日

三部作の集結ー今年のベネチアにて

今年は恒例のベネチア・ビエンナーレの開催の年である。
そしてなによりも訪問を楽しみにしているのはPalazzo Fortunyにて開催される"In-Finitum"展。
2007年、やはりビエンナーレ開催の年に同会場にて開催された"Artempo"展,
パリの国立美術学校の建物内の礼拝堂にて開催された"Academia: Qui es-tu?"展に続く3部作の最後の展覧会。
企画はベルギーの古美術商であり、世界的に有名なデザイナーであるAxel Vervoordtを中心にして成り立つ
美術学者達である。
Artempo展を見なかったことがいかにも残念であるが、実は去年ローマに滞在したおりに偶然にもこの展覧会カタログを見て「一体何の展覧会?」と思ったそのものである。"Artempo"は美術の本質はひとつで、時代を越えてひとつの筋によってつながれた美の法則がある、というようなコンセプトのもとに作品を集めた展覧会で、古美術と現代美術、東洋と西洋の別なしにAxel氏の美学にそって集めた作品群。そのカタログは美を集結した超現実的なエネルギーの溢れたものであった。
6月5日より始まるこの3部作の最後を飾る展覧会"In-Finitum"。「無限」とでも呼べようか。
いったいどんな美術作品が集結しているのか、今から楽しみである。

美を真に理解することはまぎれもなく"infinite"ー無限ーを感じることであり、この無限なる美の
時空を越えた力と可能性を本能的に理解することでもある。
それを理解しなくて作家というものは存在しないし、美の理解者も存在しないのである。
美の原点である。


f0097102_2184312.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-04-27 21:09 | Arte (芸術)


<< 日本はおかしいのでは?      国芳=アヴァンギャルド >>