2009年 07月 31日

ヴェネチアの古橋

暑いまっさかりの7月にヴェンチアを訪れるのは初めてである。
友人達とビエンナーレと以前記事にした"In-Finitum"展を見るためだ。
しかしそれにもましてヴェネチアという世界唯一稀な美しい街を訪れる
ことの喜び。
何回来てもどんな季節に来てもこの街のその類い稀なる美しさに心を
揺さぶられる。
ラグーナに浮かぶ夢のような儚さを持つ街。
ヴェネチアの歴史的な偉大と建築美。観光客のごったがえすサン・マルコ広場を
一筋裏に入るだけで人気のなくなるその不思議な静けさ。この静けさは
近代の産物である車の不在から来る。車やオートバイなどの騒音に慣れた日常は
遥か彼方のものとなる。
すべてが水上を通しての生活。
この街で唯一らんかんのない古い橋、Ponte Chiodoの近くに宿をとった。
文字通りChiodo 釘のような橋。
ヴェネチアの魂はこんな小さな橋にも宿る。

f0097102_16402138.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2009-07-31 16:41 | Viaggio(旅)


<< 美の無限      Volterranaーヴォルテ... >>