トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 28日

ある陶芸家のスタジオ

f0097102_23544781.jpg


あるオランダの陶芸家のスタジオを訪れた。
アムステルダムのOoster 公園の近郊にあるこのスタジオは今年初めに引っ越してきた。
住まいとスタジオを兼ねる小さい空間からの移転。やや中心からは遠のいたものの
その広々として自然光あふれる空間は彼にとっては最高の賜物である。
オランダの多くの作家は政府の助成金によりこのようなスタジオを借りる幸運を
得ている。近頃はそうでなくなった、とこぼす彼ではあるが、イタリアや日本の状況
に比べると天国である。住まいにしないことを条件に格安に借りられるこのアーティスト
専用スタジオ。アパートの同棟に数人の作家が共存する。
彼の作品は妥協を許さない。ろくろでひいた壷の形体をカットして抽象形を構成していく。
裏と表、光と影、色の濃淡が完成形を決める。
ひとつの作品を完成させるまで数ヶ月かかると言う。
半乾きの状態で削りを入れ形をさらに定めて行く。
釉薬の意外な色調が彼の特徴でもある。鋭い形とは対照的な淡いピンクやオレンジ、青、緑、紫。
オランダという空の低く、雲の厚く、水の多い土地柄であるからこそ生まれる色合い。
グレーやモノトーンの背景に映えるシュールな色。
水や空に効果的に映ろう人間の夢や祈りを表す色。

世界の陶芸界でも中堅の作家としてその名は知る人ぞ知る。その作品はこの9月オープンした
ばかりのロンドンのV&A美術館のセラミック・ギャラリーの広報イメージにも使われた。
そんな彼は実に人間味あふれ、誠実,謙虚、ともにいて気持ちの良い人柄である。
奢りや虚栄心や野望が皆無の作家である。だからこそ生まれる純粋で本質的な表現。

その名はWouter Dam
[PR]

by jamartetrusco | 2009-09-28 23:59 | Arte (芸術)


<< 美しい形の根拠      物語のあるオブジェ >>