トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 27日

殺戮 - massacro

f0097102_1734316.jpg


おとといの薄暗い薄ら寒い月曜日。ついに庭の木と言える木が切り倒された。
ここに住んでずっと見慣れて来た目の前の椰子の木。ひょろひょろと上に延びて
危なげな様子で先日の強風のおかげでやや傾きかけていたとは言え、長く生きて
きた木である。大家さんの長男が生まれたときに記念で植えたと聞いているから
少なくとも40年以上経っている。ぶつぶつと切られて跡形もないその姿。
杉の木はすべて今後のことも考えて強風にて倒れた木の他に辛くも残っていた
2本を切り倒した。
そしてマロニエの大木、これもどんどん成長するのでこの機会にとばっさり剪定。
木の形もなにもない不細工な姿に。そしてもう一本の椰子の木も消えた。
残ったのは木の残骸。庭を歩くことなど無理なほど積み上げられた残骸。
死骸。無惨な光景。
まさに木に対する殺戮である。自然へたいしての人間の奢りである。
数十年もかけて育ったきた命をたかだか数時間のうちに電動ノコギリで切り倒す
その行為の残酷。大家は何か感じているのだろうか?見るのが辛いから自宅のある
ボローニャから監督に来なかったのか?そんな感性がまだ残っていればまだ救いが
あるが。こんなことをするはめになったのも日頃から愛情を注がずに延び放題に
したからである。毎年のように植木屋を入れて手入れをしていればこんな手段は
使わなくて済んだはずだ。常からのお金は使いたくない、そして最後はもっと大変な費用と
そして無惨な庭が残るのみ。

昨日はこの木たちの命を嘆いてかしとしと雨が降った。
私の心もこの生命に対して涙した。このところイタリアでアウシュビッツの解放を
記念してそれに因んだ映画やドラマなど続いている。今日が其の記念日である。
すかっとした快晴の今日。解放日とは対照的に残骸となった木達にも祈りを捧げたい
と思う。


f0097102_17345820.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-01-27 17:49 | Vita (人生)


<< 感想      白黒 versus 3D >>