トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 27日

発言の自由

この日曜日と月曜日、イタリアは地方議員選挙にてこの数ヶ月、現首相のベルルスコーニ率いるフォルツァ・イタリアの中道右派とベルサーニ率いるPD(民主党)連合の中道左派との選挙運動/対抗がくりひろげられている。そしてつい最近になって"Par Condiscio"ー各政党による政治的な公的表現や発言に与えられる条件や時間を平等にすることーをもとにイタリアのNHKにあたるRai、主要民放のTVチャネルからすべての政治討論やら政治的言及を禁止する、という決定が下された。これはRai2の政治討論会的番組、Anno Zero (ゼロ年)を担当するジャーナリスト、ミケーレ・サントーロが抱く政治論が特にベルルスコーニ批判をその根底に有するためにこの番組を選挙前に排除したいために行われたという向きもある。なにしろ民放の3チャンネルを所有するのは今でこそ会長の座はゆずったにせよベルルスコーニ所有のフィニンベスト・グループであり、また 昔からキリスト教民主党の息のかかった保守的なチャンネルであるRai 1はそのときの支配政党の影響力が強いのである。ちなにみにRai 2は社会党、Rai 3は共産党の配下という時代があった。今でもその伝統は続いている。

それにしてもイタリアの不思議というか。とにかく政治討論の大好きな国民であるが、主要な選挙ではないし単に地方自治体の議員を決めるだけの選挙であるにせよ、一体政党が何を表明したいのか、行いたい政治計画案などを国民に知らせる手段としてのTV番組を取り払ってどの政党に投票せよ、というのだろう。他の国では考えられない不思議な状況。要するにこのふたつの右派と左派に
投票する人はどんな政治家であろうが、すべて目隠しのように同じ政党に投票する、ということなのだろう。そしてこの2政党に賛同できない40%以上の国民は投票しない、ということである。
この政治不信の40%の国民の支持を捕まえつつあるのは以前のマーニ・プリーティ(汚職排除へ
貢献)のディ・ピエトロ率いるItalia di Valori党とソーシャル・ネットワークのブログでかなりの
影響力をもつベッペ・グリッロである。ベッペ・グリッロは体制への過激な発言が多いため随分前からTV出演は自ら望まないものも含めてほとんど禁止されているような状況である。

さらに最近問題になってきている発言の自由。TVに出てくる様々なパーソナリティーが発言した
言葉によって降番されRai への出演御法度となる事件が相次いでいる。それも単に真実を語ったり
正直すぎたり、といった一言多い、というような発言に対してである。料理研究家のベッペ・ビガッツィ、音楽家のモーガン、そして作家のブーズィがその被害者だ。
こうなってくると発言の自由への侵害というか。発言に対して抗議の電話が多かったりということで降ろされるのであろうが、抗議にせよある一部の人々だけであろう。
様々な意見が存在するのであり、それ故に民主主義なのであろうが、それをある価値観を前提にひとつずつ奪っていったらどういうことになるだろう。
ある意味でインターネットを通じてあらゆる情報が手にはいる時代にまるで時代錯誤の状況である。
ベルルスコーニの息のかかっていない他のTVチャンネルはこの制限がないので、例えばイタリアにてもっともジャーナリズムがまともであると思われるLa 7の番組は毎日のように政治家が出演して視聴率が今までになく高いそうな。

さて選挙後、どんな状況になることか。どちらが勝利を飾るのか。


f0097102_18554011.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-03-27 18:56 | Paese (土地柄)


<< 白いもの      Inner Landscape... >>