トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 23日

木の魂ーAnima di legno

f0097102_032643.jpg


グレーベのサン・フランチェスコ教会はやや小高い位置にあることもあって通りがかる人は
一度はその広場に寄ってみたくなるような場所である。教会としての機能はすでにないが
中に小さい美術館がある。収蔵品は突出したものはないが、しかしときどき興味深い小展覧会を催す。
イースターの後たまたま寄ってみて出くわした展覧会、題してAnima di Legnoー木の魂。
アレと同じく森林や野原でみつけた木株や川床や湖などで水に洗われて年期の入った
木の断片などを彫り込み立体像を作り出す、Luca Mommarelliールカ・モンマレッリの作品展である。
素材は土台以外はすべて木である。焼けこげて黒く変色した木の断片を艶やかな肌合いまで
彫り込み動きのある人物像と変貌させる。木目の美しさが光る形。木の自然のままの
曲線と歪みをそのままとどめ、そこに根っ子を彫り込んだ頭部をつけた人物像。
中庭に設けられた古びた農具を埋め尽くすのはやはり根子を彫り込んだ頭部。
まるでトロイの馬のような貨車の中から列をなして現れる木の人物達。
すべてのインスタレーションの主役はここでも「木」である。
独学で学んだという木彫りの技術は初期のリリーフ作品を見ても明白である。
ブリューゲルの有名な絵画を木版にリリーフとして彫り込んだ作品など、一度彫り損じて
しまったら修正もききにくいだろうからその技はなかなかのものである。

木の魂を彫り出すルカ。木にとことん惚れ込み、木を知り尽くしてこそできる仕事である。

f0097102_03449.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-04-23 00:12 | Arte (芸術)


<< 石畳      Eyjafjallajökull >>