2010年 09月 15日

空が赤くなるとき

f0097102_1541380.jpg


晩夏の夕暮れ時は思わぬ光の綾を見せてくれる。
日に日に日没の時間が早くなる故7時から8時の
間は昼でもない夜でもない不思議な空気を持つ。
太陽の力もやや衰えたかのような微妙な機微を
備えた光の粒。
9月6日夕刻。
黄昏の光は雲に反射してすべての物体を赤く見せる。
忽然とピンク色に染まるテラスや家や我々の顔や手。
ここに16年住んで初めて目にした光景である。
自然の懐はまだまだ広い。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-09-15 15:44 | Natura (自然)


<< 人生の核      京町家とアレのサラミ >>