トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 30日

巨匠の偉大なる死

イタリアの映画界でブラックユーモア溢れるコメディ映画で知られる映画監督の
マリオ・モニチェッリが昨晩ローマの病院の上階から飛び降り自殺して亡くなった。
95歳であった。トスカーナ、ヴィアレッジョ生まれ。
95歳という高齢にての自殺。皆一応に彼の映画監督としての業績と突然の
自殺に戸惑っている様子である。癌の診断を受けて入院して直後のことであった。
死ぬときは回りに迷惑をかけずに苦しまずに死にたいと生前から語っていた
監督であるのでこの自殺はどこか彼らしく、死ぬ時まで自身の哲学を通した
ようである。あっぱれと賛したい。
彼の名前はロッセリーニ、フェリーニやヴィスコンティなどの大御所の巨匠と比べて、
喜劇映画の制作のためか世界的にはあまりられていなかったかもしれない。
しかしイタリアの戦後の庶民の生活と人間の喜悲劇を表す作品は一言に値するものだった。
彼の代表作品は原題で"I Soliti Ignoti", "L'Armata Blancaleone", "Amici Miei", "Il
Marchese dell Grillo"など。すべて実に劇的で笑いを誘う名作である。これらの映画を
見るとイタリアのいや、トスカーナのユーモアのエッセンスがわかると言えよう。
テレビでの最後のインタヴューでも実にしっかりした頭を持ち、イタリアはこれから
どうしたら良いのか、という質問に対して、解決策は言いたくない、と言いながらも、
最後に一言、イタリアは過激な革命にて現存のパワーをすべて駆逐するしかない、
過去に一度も革命が起こっていないのだから、と述べた。
最後まで過激に生きた巨匠である。
巨匠のご冥福を祈って。
[PR]

by jamartetrusco | 2010-11-30 22:21 | Cinema (映画)


<< 雪に虎      肯定的な生き方の導く処 >>