2010年 12月 30日

2010年の締めくくり

今年もいよいよ残すこと僅か。この数日、大雪や大雨のせいかどうかわからないが
電話線が不通となり、昨日からはインターネット接続もおぼつかなくなり、やれやれ
今年の終わりはno lineにて、まあそれはそれでコンピューターから解放されて良いか
と思っていたのだが、今日になって全部の回線が開通したようである。
下の町も2日間の麻痺状態で、銀行も郵便局も店も閉鎖しているところが多かった。
要するにひとつテクノロジーが狂うとすべての機能に支障が出るという現代病である。
私もメイルのチェックは欠かさないので一日見ないだけで何か重要な連絡が入って
いるのでは、などと要らぬ心配までする。もう年末だから大体の作業は終わっていると
言うのに。我ながら情けない。
娘はまだ中学2年生だが、このクリスマスのプレゼントにずっと貯めていた貯金箱から
ネットブックをついに購入。せっかく手に入れたPCがネットに繋がらなく不満げであった
娘であるので、回線が直って本当に良かった。我が家では初めてのWindows導入である。
Mac派の私としてはどうもいまいち分かりにくいWindowsであるが、webcamもついて
いたり、初めてskypeにて画像をロンドンにいる姉家族に写すことができた。
顔が映るのはある程度の年齢までは有り難いがそれ以上になるとどうでも良く、そして
あまり酷い身なりもできないので善し悪しである。

ということで今年最後のブログはたわいない話しで締めくくることになりそうだ。
お世話になった方々、拙ブログを読んでくださる方々に心より感謝をこめて。

追記:
下画像は近くの古い教会の中の現代作家Futuroによるキリスト降誕のインスタレーション。
即席の気を抜いた感じの作品であるが、教会の厳かな雰囲気だけは良かった。

f0097102_21185813.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2010-12-30 21:24 | Vita (人生)


<< Buon Anno!      Buon Natale >>