2011年 01月 31日

2月の京都へ

久々に寒い冬の京都へ一人で行く。
家族とともの暑い夏とはまた違った風情が得られるだろう。
仕事の関わりであるものの友人とも呼べるぐらい付き合いの深い
イギリス人が日本を訪れる。たまたま時期が重なったのであるが
こういうのも楽しい偶然。初めてに近い日本での体験が有意義な
ものであるようにできるだけの歓迎をしたい。
美術館尽くしの訪問になるだろうが、京都の素晴らしいお寺の
空間は味わってもらいたい。
一カ所どこを訪れたら良いだろう。
金閣寺や清水寺が外国人にとってわかりやすいということもあるだろう。
でも一カ所だけ選べと言えばやはり石庭の竜安寺に案内するだろうか。
それとも三十三間堂の千体の仏像も圧巻であろう。
永観堂の見返り阿弥陀や広隆寺の彌勒菩薩半跏像は仏像の美しさで
一番である。京都で訪れるところはあまりにもありすぎる。
建築、仏像、庭、規模などなどの興味によって選ぶしかない。

20日に戻ります

f0097102_22282239.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-01-31 22:30 | Vita (人生)


<< 収穫      生き残りの紙 >>