2011年 03月 18日

FORZA DI POPOLO-民の力

大震災発生以来何も手がつかない。ただオンラインのニュースを見て被害の
大きさと深刻さに愕然としながら、毎日毎日、日本は大丈夫!と信じたい肯定的
精神を持とうと思いつつ、様々な原発危機への不安な情報を聞いてはまた
どっと落ち込んだり。その繰り返しで、いてもたってもいられない不安な気持ちを
抱きながらすでに1週間経った。
被災者の方々の大変な状況を見て悲痛な涙する毎日である。
そして原発の危機。これがまたすべての被害に輪をかけて不穏な原因である。
ヨーロッパにいると原発事故への恐怖と危機が震災の被害より大きく扱われている
のが現状である。
原発の危機を食い止めることがこれからの震災被害の克服の大一歩であるだろう。
それを祈る気持ちが毎日毎晩心身満たしているこの1週間。
ニュースをオンラインで見ながら気がついた唯一の心の救いはTwitterする
人びとの考え方の半分以上が人びとの苦悩をしっかりと見据えている事実である。
テレビなどで流れる様々な情報を濾過して自分たちなりの意見と姿勢を持とうと
していることである。
これらの人びとの姿勢を確認する上で日本はまだまだ沈没しないと信じられる。

Forza Giappone, forza popolo giapponese!

ということを書いてみたものの、またどっと落ち込んだ今。
イタリア時間夜9:15分。
こちらではガダフィ大佐への対抗する砦を守るために攻撃を始めるらしい。

人間はいつになったら学ぶのだろうか。
世界の裏側では大震災による被害で苦しんでいるという事実があるのも
束の間こちらではまた戦争へ突入というのか。

もう政治はすべて信じられない。
[PR]

by jamartetrusco | 2011-03-18 21:58 | Vita (人生)


<< 今回の原発の危機を思う      祈り >>