トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 29日

日本の無数の友に告ぐ

トスカーナに住む彫刻、絵画、焼物を制作する作家、アコーディオンをたった2年で心に響く音色にて弾くことのできる音楽家、味わいある篭作りのできる工芸家、そしてなによりも母であり、有機農場を営む夫のアンドレアを支える協力者であり、 体ごと人間の本来の生き方を実践している素晴らしい4人家族の一員であるマドカさん。同じトスカーナとは言えやや離れており、お互いに田舎暮らしのこともあり、年に一度ぐらいしか会う機会が作れない。お隣さんであったらどんなに嬉しいかと思う大切な友人である。
彼女とはこの大震災後、お宅まで御邪魔してじっくり話す時間をもつことができた。

海外に住み、生きる上の哲学のおかげで金銭的には十分足りるという生活ではなくても、精神的には素晴らしく豊かであり、自然に囲まれた環境にあり、イタリア人の夫を持ち、母であり、そしてなによりも今の日本のおかれている悲劇に心から涙する心情が同じである彼女と私。

いったいこの状況をどうして良い方向に持っていけるだろう、どうしたらこの原発のこれ以上の
悲劇を収束することができるのだろう、語るのはやさしいがいざどうしたら行動に移せるか。

彼女から今日素晴らしいメッセージが届いた。
日本にいる被災したご家族を持つ友人に当てたものであるが、彼女の切実な叫びはなんと力強く私の心にそのままつきささってきたか。私の今の気持ちをそのまま代弁してくれた彼女に感謝するととも
すべての思いを同じくする日本の方々に告げたいメッセージでもあるので彼女の許可をもらいここに紹介したい。

_______________

地震から一週間のあいだ、私は一日中パソコンに張り付いて日本がどうなっているのか何とか知ろうとし、何も手につかず、ニュースを見ては泣いてばかりいました。
ご飯も食べれず、ねむれず、ウトウトすれば恐ろしい夢でとびおきる。
人生のうち半分を海外で暮らしてきて、日本人であることをこんなに自覚する日がくるとは夢にも思っていなかった。海外に住んでいる人たちは皆そうだと思います。


「いま、私はなにができるのか。」
日本中が考えていますね。
募金する、節電する、買い控える、文句たれない。
自転車屋さんは現地でパンクをなおし、床屋さんは避難所で散髪し、中学生はトイレ掃除をする。
店を持つ人は商品を提供し、医師は自腹を切って危険区域に診療に行く。
家を失った人が途方にくれた留学生を助け、家も家族もなにもかも失った人さえが、被災者を励ますための張り紙をする。


なんてことだなんてことだなんてことだ。
日本はこの大災害を通して、自分でも存在さえ忘れていた宝を、物欲消費無関心のチリの下から見つけ出したんだね。
思いやり、とか言葉にするととたんに安っぽくなるんだけど。
みんながみんなを思いやる、いたわりあう。こんな日がくるなんて。
かつてそんなことがあっただろうか?
日本人であることを今、心から誇りに思います。


もしかしたら、いまなら、声が届くかもしれない。


悲しくて仕方がないけど、私たち、泣いている場合じゃありません。
「いま、なにができるのか」のほかに、もうひとつ「いま、なにをしなくてはいけないのか」を考えましょう。

私はずっと、それなりに不自由なく暮らしながらも、心にいつも絶望に近いものをかかえて生きてきました。
子供をもったときからかしら。
これが大人になるってことなのかしらね。

目先の便利さにつられて、私たちはこんなところまできてしまった。
空気も水も土も汚れ、ひとは物欲と自我にこりかたまり、気持ちを通じあわせる努力も忘れ、
奪い合い、殺し合い、飢えて死ぬ子供の存在は知っていても、とりあえず、今日楽しく暮らせればいい。


「終末の予感が社会の随所に見えている。
ホモサピエンスという種の終わりが見えている。
洞窟のいきどまり。「トムソーヤの冒険」のインジャンジョーの死に様のようだ。」
(池澤夏樹「母なる自然のおっぱい」あとがきより)


どうして皆気がつかないの? 
気づかないふりをして生きているの?
私たちの子供のものであるはずの未来に希望はもてず、気持ちを誰かに伝えてみても、言葉は口から出るはしから消えていく。
むなしくてむなしくて、生きるのがいやになる。


暴走する巨大な車輪の上で、わたしたちはやみくもに走ってきました。
そっちに行っちゃいけないってわかってるのに、誰にもとめられない。
少しでも足を止めたらあっという間に下敷きになってしまうから。

だから、世界から眼をそむけて、制作する。
自分の内側へ、内側へと降りていけば、むなしさはとりあえず忘れていられるから。
そうでしょう?
ものづくりの友よ!
今日自分ができることを一つ一つやっていくんだって自分にいいきかせながら来たよね。
だってそうするしかなかったから。
でも、いまはそれじゃあいかんのよ。
作品で表現する?
そんな悠長なことをいっとってはいかんのよ。


3月11日。
暴走する巨大な車輪がとまりました。奇跡です。
世界中が息をつめて見守っています。
今なら、方向を変えられるかもしれない。

いましかない!!
これが、最大で、おそらく最後のチャンスです。


大震災から3週間目に入って、そろそろ政府が今後の見通し、政策を打ち出し始めていますね。
「原発の今後のあり方を・・・」「安全面での強化を・・・」
NHKの発表では、福岡県民へのアンケートで51パーセント(「仕方がない」も含めて)が原発賛成派だとか。
そんなの誰が信じますか?
地震に耐えた?
サダム・フセインやカダフィーのような独裁者が、自身の終わりとともに世界を地獄の道づれにしない、と誰が言い切れますか?
世界が信頼で成り立っていること、それがどれだけもろいものか、9月11日を忘れたのですか?


安全安全ゆっとるひとは、みんな、原発20km以内に住まわせればよい。
「人体に影響ない」んだから、シーベルト野菜を食べ、子供にベクレルミルクを飲ませればいい。ガンになっても保障は出ない。放射能のせいという証拠がでてこないから。


最近ひとつよい講演会をyoutubeでみました。
http://bit.ly/eEjgkR
田中優という準教授が、放射能が食物連鎖によって濃縮されていくシステム、替用エネルギーの具体案をわかりやすく語っています。
前半は気持ちが暗くなるけど、後半は希望に満ち溢れていて救われます。

原発がどれだけ高くつくものか。
世界中の先進国で使われている一線の替用エネルギー技術が、ほとんど日本のものである事実。
各自治体レベルでの、海上風力・波力・地熱・太陽光、それらを併せれば、日本は世界屈指のエネルギー産出国になれると。
田中さんのいうことには齟齬がある、と批判する声もあります。
フツウの人である私には、どうなのかわかりません。
でも、日本の知力と技術を総結集すれば・・・そして、皆が願えば・・・できないことなんてないはずだ、絶対に。


昨日、ドイツ全土で25万人の反原発デモがありました。
東京と名古屋でもあったそうですね、反原発デモ。イタリアの新聞に書いてありましたよ。
数百人規模ってこれほんとですか?
みんなショックからまだ立ち上がってないだけだと信じたい。まさか無関心だなんてはずはないよね。


わたしたちの子供に何を残したいですか?
洗濯物も干せない空気ですか?
食べられない魚、飲めない水、鳥の鳴かない春ですか?


しあわせってなんでしょうね。
干してふくふくになったふとん。
日溜り。そよかぜ。花の香り。雨のにおい。
季節の素材でつくったおいしいごはんを、大事な人と食べること。
見知らぬ人に示される一瞬の好意。
自分のしたことが人に喜ばれるとき。


わたしにとってはこういうものです。
これらとひきかえにしても得たいものっていったいなんですか。


当面の放射能危機をのりこえれば(乗り越えることを心から願いますが)、政府はマスコミを巻き込み、全力で事実を忘れさせようとするでしょう。
丸め込まれたらおしまいです。
車輪が、また回り始める前になんとかしなければ。


提言。
日本は原発を廃止して、替用エネルギーに総力をそそぎます。
さらには原子炉解体技術の開発をして、全世界に提供します。


原子炉解体技術がないなんて、血清をもたずに毒蛇と遊ぶようなものでしょ?
こいつが開発できれば世界の役に立ち、さらにお金も入る!


最初の3年、4年、5年くらいは不自由があるかもしれません。
それがなんだというのでしょう。
日本大改革、やりましょうよ。
日本がかわれば世界がかわります。
民度がどうのって、つまんないことによろこんでいるばあいじゃないでしょう?
20年後30年後、私たちの子供に、そして孫に誇りを持って語れる歴史をつくりましょうよ。
「あの時、あの犠牲があったからこそ、私たちはかわれたんだ。私たちが変えたんだよ。」って言えるように。

それが、亡くなった人たちへの何よりの供養じゃないですか?
そして、これから放射能という十字架を背負って生きていくひとたちへの。


もう人任せはやめましょうよ。
もう時間がない。
私たちが決めるのです。


いま!

____________



f0097102_2155291.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-03-29 22:00 | Vita (人生)


<< 四角いコロッセオのあるEUR      もうひとつの話し >>