2011年 04月 28日

猫の本能


母猫のミヌーの本能的行動の不思議。
子猫3匹が生まれて1週間程ダンボール箱を住処としていたが
25日の朝突然子猫をそろそろと一匹ずつ寝室の娘のベッドの下に
移動始めた。どうして?というのもわからない。
やはり居間にいると落ち着かないからだろうか。人の出入りもあるし
私たちも絶えず覗き込むから。
子猫もうっすらと目を開き出したこともあって方向感覚がなくダンボール箱
の中を転げ回り母猫もしきりと心配そうにしていたのは事実である。
ベッドのマットレスの上には娘の小さい頃からのお気に入りのぬいぐるみが多数
あって良いクッションにもなるらしい。落ち着いた寝床の感覚があるのかもしれない。
移動させた途端に不思議なぐらい、子猫達も心休まったようにひとつの玉の
ようになって気持ちよさそうである。母ミヌーが席を外してもぬいぐるみに囲まれて
心地良さを感じるのかもしれない。犬のぬいぐるみの影に隠れている子もいる。
動物の本能の不思議。
いよいよ目も開き出して子猫の可愛さが数十倍になってきている。
生き物の成長を刻々と体験できるのは本当の幸せである。


f0097102_21463365.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-04-28 21:50 | Vita (人生)


<< 再びBorse Nere      Buona Pasqua! >>