2011年 05月 20日

オックスフォードで出会うアフリカの木根

f0097102_22103392.jpg


オックスフォードに仕事で行く機会を得た。久々に訪れる学堂の古都。
以前ここを訪れたのはいつのことだろう。ロンドンに住んでいた80年代。
サマーボール(夏に開かれる大学のダンスパーティー)にて友人や姉と薄ら寒い
夏の夜の夢、頑張って薄着をして踊ったのはもう大分前のことである。
オックスフォードを流れる川でパンティング。
様々な思い出が甦る。恋をして悲痛な思いで訪れた町でもある。
私にとってオックスフォードは心地よい思い出の溢れる土地である。
そして30年ぶりに訪れた。今回は単なる仕事の一貫。
本当ならもっとゆっくりとした再会がしたかったのだが。
しかしこの日帰りの慌ただしい出張にて思いがけない強烈な出会いがあった。
出会いとは言え人間との出会いではない。
木根との出会いである。
仕事を終えてオックスフォードを知る友人や義兄に勧められた自然歴史博物館を訪れた。
以前滞在したときにもここに来なかった自分の愚かを思ったほど素晴らしい博物館。
その中にあるPitt Rivers Museumの面白さについては別に機会を設けよう。
この博物館に辿り着いて目に入ってきたのは巨大な木根。
博物館前の庭に10株の木の根がその存在感を持って鎮座している。
鎮座しているという言葉がぴったりである。
何故ここにあるのだろう、と疑問に思うとこれはどうもアフリカ、ガーナのRain Forestから
来た木根で、ロンドンのトラファルガー広場の展示を終えて6ヶ月間、7月末までここに
展示されているようである。Ghost Forest—死する森の題名をもって。
見る人にRain Forestの大事さを理解してもらうとともに木がどれだけ偉大かを短刀直入に
体験できる良い機会となるだろう。
これはアフリカに限らず世界中の森林への危機に思いを向ける契機を作るプロジェクトである。
30メートルにも成長する木と言う。

f0097102_22105819.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-05-20 22:12 | Natura (自然)


<< Guai!      Fuoco Fauto - 鬼火 >>