2011年 08月 25日

自然ー生きる

お盆休みが開けてから友人の新居にお邪魔させてもらった。
京都から20分ほど行った、滋賀県内の自然豊かな土地に住む。
周りは見渡すばかりの蒼碧とした田んぼと木々生い茂る山々。
琵琶湖も近い。
山あり、谷ありの自然はどこか我々の住むキャンティの地方を想起するが
それよりさらに厳しい。暑さも寒さも日本の湿気の粒が混じっていて
イタリアの石と太陽のからからとした自然と対照的に露にまったりとした木と
土の自然である。まさに神社にまつられる神々の存在大なり。
葡萄酒を飲むバッカス神ではなく酒を飲み笑い涙するどこか怖い感じの
猩々の神が宿る。
しかし自然に囲まれて生きることの素晴らしさ。
私もいつしか田舎を心底愛する人間となったようである。
都会生まれの都会育ちであったのに。
都会の喧噪と煩雑な日常生活、何もしないのに毎日が過ぎていく感覚。
これは都会で住むことの善し悪しである。
その日常から離れてふっとこのような自然に囲まれると時は瞬く間に自身の
歩みを見せつけてくれる。
すっーと生きている感じが戻ってきて、細かい自然の機微が生きる上での
焦点になってくるのだ。

すっかり良い気分になった3日間の滞在。AiさんJunさんありがとう。
今回の滞在で初めての心と体の休暇をありがとう。

来週よりいよいよ大阪での展覧会、忙しくなる。

f0097102_1032157.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-08-25 10:04 | Vita (人生)


<< 心象風景ー万物流転      送り火 >>