2011年 10月 30日

冬時間

冬時間に変わった日曜早朝。一時間だけ増えただけなのに一日が長い。
そしてこの時期にしては嬉しいほどの異例な暖かさ。
日中の太陽の日だまりにいるとまだまだ汗ばむほど。
今年の秋はなんと天気が良いのだろう。

とはいえ先日リグリアとトスカーナ圏の一部で雨による大変な被害もあった。
大雨の後の土砂崩れで古いCinque Terreの中の町が泥に埋まった。
水の恐ろしさをまた目の辺りにした。
断崖絶壁のような傾斜にそそりたつ集落である。
集落自体は古くから存続するのになぜ?と思うがやはりコンクリート固めの
水の流れを阻んだ箇所がどこかにあったのだろうか。
水は流れ得る場所へと流れる。土や草があればそこにしみ込んで大量の
水かさにはならないのである。
自然の法則に確実に忠実な水の流れ。それをどこかで
人間が閉ざしてしまうからこのような大きな被害を生むのだろう。

キャンティ地方は温暖な太陽に包まれて冬時間を迎えた今日。
朝からイノシシ狩りが行われているようで甲高い犬の群れの鳴き声と
狩り人達の野蛮な叫び声が耳障りである。日曜日は神聖な安息日である
はずのこのカトリック国のイタリアでなぜ生き物を殺生する狩りが日曜日に
許されるのか未だに疑問である。 大量な人数と犬の群れで数匹のイノシシを
追い込むイノシシ狩りは大嫌いである。狩りとは人と動物との一対一の対決
であるべきである。大人数で少数のイノシシをどんどんと山の角に追いやる
やり方は卑怯だし、醜い。毎年同じ時期に同じことを感じながら何もできない
自分にも腹立たしい。

f0097102_2127103.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-10-30 21:28 | Vita (人生)


<< 根付けに関わる家族史      鉱石の世界 >>