トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 09日

キャンティの一番高い山から

キャンティ地域とVal d'Arno(アルノ川沿いの平地)を隔てそびえるキャンティ山脈の中で一番高いのSan Micheleサン・ミケーレの山で標高892mです。そしてフィレンツェ方向にはミネラル・ウォーターの一名称で有名なチントイアCintoiaがありその背後には手つかずの山の峰が隠れたピラミッドのように広がっています。

f0097102_2125486.jpg


このサン・ミケーレのそばに鉄の十字架が立ったもうひとつの山頂がありますが、この十字架の上まで上ると180度の展望が開けるので、目の覚めるような快晴の日にはよくここに来ては遠くの景色を望んでいたものです。昨日はまさにそんな日。

f0097102_21342355.jpg


透き通るような青空とスカッとする空気と光と影の対照をひときわ極めるような日差し。午後5:30頃友達の家に遊びにいった娘を迎えに行きがてら久々にこの山頂に寄ってみました。

f0097102_21253229.jpg


景色、光は最高だったものの、がっかりしたのは十字架の上に登ることができなくなっていたことです。階段は朽ち果てて立ち入り禁止のマーク。こんなに素晴らしい場所をこんな荒れ果てた状態にしてしまうなんて、もったいなすぎる。

f0097102_21315099.jpg


日本だったらそばに屋台やお見上げ屋が出て、家族のピクニックの場所になっていることでしょう。それも困るのです!でもこれも困るのです!イタリアと日本とあわせて半分に割ったらちょうど良いのかも。

f0097102_21251673.jpg


光と青空と朽ち果てた石造りの味わい深さ ー イタリアの自然の象徴です。










人気blogランキングへ
f0097102_03319.gif
☆One Click ありがとうございます☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-09 00:09 | Natura (自然)


<< デッサンの面白さ      Piccoli Indiani... >>