トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 22日

ミイラの肖像画

今まであまり意識しないまま大英博物館とかルーブル美術館とかに並ぶ板に描かれた人物の
肖像画を前に、そのリアリズムと不思議な視線の力強さに常に心を揺さぶられる感動を持って
対面していた。つい最近再びこの同種の肖像画に出くわした。フィレンツェの考古学博物館内の
エジブト美術館の新設ギャラリー内である。
考古学博物館にはすでに2回ほど足を運んだことがあるのだが、以前はギャラリーの
展示室が古く照明も悪くて展示物の魅力が十分に発揮できないのが難点であった。
今でも相変わらず大半がそのような古い展示室なのであるが、ついこの9月にエジプト美術館の
部分に2室のみ新しいギャラリーが完成、公開されたのである。
そしてこの美術館の収蔵品の中でも有名なこの肖像画に再会した。
やはり以前にも出会った彼女である。しかし展示が違うことによってなんと力強く訴えてくれるのだろう。
暗がりの展示室に照明をほのかに浴びて浮かび上がるその高貴な表情に圧倒された。

この肖像画の類は今まで理解していなかったのだが、エジプトがローマ帝国の支配化に入った紀元前
1世紀から始まるビザンチンキリスト教文明の息のかかったコプト文明時代に生まれたミイラにかぶせる
肖像画だということである。
板絵であり、卵を下地としたテンペラ画かもしくはエンカウストという蝋を使った漆喰
画の技術で描かれている。このミイラ肖像画が多く発見された地域はファイユームというナイル川西、
カイロの南辺りであるという。

この肖像画も若い女性なのだろう。生前の彼女をそのまま写したものに違いない黒髪と大きな黒い
目と太い眉。簡単な線で表したにもかかわらず驚くほどリアルである。ギリシャ時代の彫刻などに見られる
ような理想化された女神像とは全く違った血が通った隣人の顔である。そしてその目線の力はすごい。

これらのファイユームのミイラのための肖像画の美しさを初めて西欧で発見したのは17世紀初頭に
活躍したイタリアの探検家のピエトロ・デラ・ヴァッレであるというから、イタリアの当時の航海士や
探検家は実に先見の目があった。その後これらの肖像画を再発見するには19世紀初頭まで待つことになる。
その頃にはエジプト遺跡発掘研究がヨーロッパ中に広がりドイツ、イギリス、フランスの考古学者達が
多く訪れて母国に持ち帰ることになる。ルーブル美術館や大英博物館にある肖像画もそういった経緯で
辿りついたわけである。

もともとミイラにかぶせていたこの美しくリアルな肖像画。
しーんとした展示室でじっと見つめていると不思議な気分となる。
フィレンツェでは人があまり行かないこういった隠れた美術品を見るに限る。
ちなみにフィレンツェのエジプト美術館はイタリアではトリノのエジプト美術館の次と言われている。

f0097102_2151461.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2011-11-22 02:14 | Arte (芸術)


<< 空の上から      サン・マルティーノ伝説 >>