トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 30日

空間を2倍にする方法

f0097102_2245074.jpg


我が家の寝室は天井が比較的高いのでそこに中二階、イタリアで言うsoppalco を造ろうという
案を抱いたのが去年の年末。寝室を上下に分ければ娘と我々の空間が最低限分かれるので
それが目的である。
我々夫婦は寝るだけだから中二階に布団でも敷いて使う。下の部屋はすべて娘専用という考え。
最初はいわゆる工事現場に建てる鉄製の足場を枠組みに床板を乗せればなんて安易に
考えていたのだが、自分の家まで建ててしまう大工仕事万能の友人のアンドレアの意見を
聞いたら木材しか解決法はないとことで、そのプランを続行することに。
昨日お宅まで行ってお昼をともしにしながら木材選びをしてきた。

アンドレアの奥さまのマドカさんは日本人で彫刻を専攻したものつくりの人。
そして大地の香りのする妻であり母である人。子供二人の家族で有機農業を営んでいる。
それ以外に凄いのは自分達の家から工房からすべてアンドレアの作であることだ。
木との対話が好きで家具も自作がほとんどというアンドレア。
私達は大工仕事は皆目わからないので彼のアドバイスのまま頑丈なabete (ドイツマツ)木材を
選んだ。こんなに太い木材は必要なのか、という疑問もあったが、このぐらいでないと床となる木板
をのせたときにしなってしまうと言う。
選んだ木材は四角に削るためにアンドレアの作業場へ。
ありとあらゆる木屑から板から置いてある工房は木の香りが満ちていて気持ちが良い。
この木材はまだ白木の状態なのでこれに木喰虫防止の表面加工をしてそれから
いよいよ家まで運んで組み立て作業を始めるとのこと。
選んだのは梁となる2本と足となる4本の木材。組み合わせるのは釘など使わずすべて嵌め込み
で行うそう。昔ながらの宮大工みたい。

アンドレアとマドカさんは原材料から最後の製品まですべて自分で探し、育て、作ることが
真の人間の生き方であるという信念があり、ふたりで食べる野菜からお肉から、チーズ、
オリーブオイル、ヴィーノまですべて自家製である。
物質的な贅沢でなく精神的、生き方の贅沢を実践されている家族。
つい100年ほど前の人々の生活では当り前だったことが今ではほとんど不可能となり、お金
を払わなければできないような悲惨な現実の中でこういった自然に沿った生活を続けるのは
実に大変なことだ。
マドカさんの作った彫刻が完成まで後もう少しの石造りのご自宅の2階で彼らを静かに
見守っている。

f0097102_22124.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-01-30 22:08 | Vita (人生)


<< 初雪      Enigma of Kaspa... >>