2012年 03月 03日

空しい感覚

ここのところ、冬の寒さがやっと遠のいてきて、春の気配が太陽の光と小鳥のさえずりに
感じられるようになってきて少しずつ心身とも回復しているようである。
しかしこの数週間年齢のせいか、(こういう言葉は口にしたくないけれど)、それとも
冬の暗さのせいか、はてまた田舎暮らしのせいで、どんどん内向的になっている
せいか、それらすべてが組み合わさって、なんとも今のこの人間社会の仕組みや成り立ちに
とてつもなく幻滅している。それ故何をやってもどうも空虚な感じが残るのである。
ブログ書くのもあまり気乗りしない。

人間はいったいなにをもって進歩と呼ぶのだろう。つい50年前まではこの当りの農家では
すべて自給自足だったということ、ストーブで薪を燃やして、部屋を温め、料理の火とし、
水は井戸水、電気はさすがに自分では作り出せないかもしれないけれど、でも無駄使いする
ことなく、質素に暮らす、そんな生活が普通だった、と自家製ワインを作るセルジョは自分の
子供時代を思い出して語ってくれた。
そして山の上から1時間ほどかけて歩いて学校に通ったということ。
もちろん田舎であるからそんなことも可能であったろうが、人間が最低限の生活を維持するのに
お金はさほどかからなかったのである。そして皆なんとなく精神的に豊かだったと思う。
今ではガス、水道、電気はもちろんのこと、住処から何からなにまで普通に働いてもおっつかない
ぐらいのお金を払わないと生きてもいけない。
そして電気が止まったら今度はシステム自体がすべて破綻するようなまるで刃物の上を
歩くような今の人間社会。
人間の本能的、動物的生業を全く通り越して、知らないうちにお金だけが一人歩き
し始めて、昔なら銀行に預金しておけば安心、利息もつくし、なんてい言うのが当然だった
のに、今ではこちらが手数料をはらわなければ口座ももてない、利子なんて全くなし、という
のが当たり前。そして誰だかわからない一握りの強欲な人間達の勝手な投資等々の巨大
な金融ギャンブルのおかげで世界中がおかしくなり、国が破産、そして大した
給料ももらっていない一番底辺の人々がどんどん苦しくなるような税制と社会状況を
作り出してそして「国民よ国を支えるために我慢してれ」なんていうような上等文句に
仕方がなく従っていくしかない99%の人々。

こんな状況が通用して良いはずがない。かといってではどうすれば良いのと聞かれれば
「革命が起こるべき!』と叫んでもなんとなく根拠のない戯言にも聞こえてしまう。
そして自分も革命が起こったらきっと仕事もなにもなくなるだろう、でも何もなくなってゼロ
から始めるのも良いかも、とも思う。

なんとなく空しさだけが頭をめぐるこのごろ。
春の光のその向こうに突破口を見いださなければ。

f0097102_222438.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-03-03 02:23 | Vita (人生)


<< ミニマルになっていく過程      Cave of Forgott... >>