トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 30日

綱を渡る男

Man on WIre
と題される2008年制作のイギリス人監督James Marshによるドキュメンタリー映画を観た。
何も期待せずになんとなくつけたテレビでやっていたのであるが、観るうちにどんどんと
引き込まれ終了する頃にはとてつもなく感動していた。
期待せず、と言うのも映画の簡単なあらすじに綱渡り師を扱ったドキュメンタリーと
書いてあったのでサーカスの曲芸師かなにかの話かなと思ったからである。
もちろん主人公は綱渡りに人生をかけた曲芸師と言えるかもしれない。
小さい頃から曲芸や魔術の技に魅せられたという導引からドキュメンタリーは始まる。

彼の名前はフィリップ・プティ。1949年生まれ。よく考えるとこの世代には大変魅力的な人々が
多いような気がする。大好きなピーター・ハミルも1948年生まれだ。もうひとり日本に
知っている尊敬する方がやはり49年生まれ。

さてこのフィリップ氏はフランス人。
ドキュメンタリーでは1970年代の若い彼と彼の同士のインタビューの画像をふまえながら
次々と彼らの軌跡を映し出す。
フィリップ氏のパリ、ノートルダム寺院でのパーフォーマンス。ふたつの塔の間を綱渡り
するその様子。
この映画の中心となるのは1974年に彼らが行ったニューヨークのウォール街のツインタワーの
綱渡りへの道程である。
今は亡き高層のツインタワーの二つのタワーの間を綱渡りするーそれこそ不可能な、考える
だけで恐ろしいパーフォーマンス。
最上階に昇り綱をふたつのビルの間に渡すだけでも大変な技である。どうしたら綱を渡せるか
それも試行錯誤で考えていく過程が実写で残っている。
凄いことである。

70年代だからこそ可能であったハプニングでもある。
現在のテロ後の世界ではそんなことは考えられない。昇る前に捕まってしまうだろう。
銀行強盗のごとくにどうやってビルの上に警備に気がつかれずに行くか、それがひとつの
要となるドキュメンタリー。
見つかりそうになりながらもなんとか必死に実現するその綱渡りの極限の一時。
死か生かの瀬戸際のパーフォーマンスの持つ人間の存在を見つめるその一瞬。
そして実際に綱渡りするのである。
それは芸術以外何ものでもない、真の感動を呼ぶものだった。
綱を渡るということが彼にとって体の一部になっているかが徐々に如実に
理解できてくる。
そしてその傍らに支えるかけがえのない友人と女性の存在も。
一つ間違えば友人の死に貢献することになるだから。「信じる」ということの凄さも
見せてくれる。人間の可能性の限界の向うに見えてくる「何か」。

とにかく素晴らしい映画。 久々に真のアートを味わった。
バックグランドの音楽としてのエリック・サティのピアノ曲も実に合っている。

皮肉なことにフィリップ氏はこんな大それたパーフォーマンスの後まだ健在であるのに
ツインタワーは今では存在しないことである。
彼もなんとも感慨無量な気持ちでいるに違いない。


f0097102_4393819.png

[PR]

by jamartetrusco | 2012-05-30 04:24 | Cinema (映画)


<< 野生ルッコラ      Finocchio selva... >>