2012年 06月 29日

自然界の無限なる不思議

Geco (やもり)がランプの光に誘われて現れる夏の夕闇。
日中の熱気が少しづつ退いてくるのがこの頃である。
この10日間ほどの暑さは凄い。
太陽は毎日朝早くから容赦なく照りつけ、日陰でないととても
いられない。
昼間のうちはどこで隠れているのかわからないが、日が暮れて
初めて行動開始するやもり。その姿を見て自然界の無限なる
力を思うこのごろ。
やもりが垂直歩行できるのはその足の下にある襞に生える数百万の
ミクロの毛のおかげと聞く。
やもりの毛の分子と平面の壁の分子にファンデルワールス
力が作用して垂直歩行が可能になるという説を読んだが、
つい最近ではやもりの歩いた跡に判別不可ぐらいに付着する粘着質
がその理由では、ということである。このやもりの能力を参考に
可能性大の粘着テープを開発しているらしい。それとももう開発されたのか。

自然の不思議に限界はない。
自然の持つ神秘の話にもうひとつ最近知った驚異的事実がある。
slime mold という細胞生粘菌の不思議。
食べ物や植物につく菌であるが、アメーバのように増殖する。
その増殖の仕方が面白いのである。要するに一番最短距離を理解して
目的地に辿り着くのである。
実験では東京近辺の地図を出してきて、東京近辺の主要都市に豆を
置く。そしてそこにslime moldをいれるのだが、この菌がみるみる内に
豆に辿りつき増殖していく過程でその足取りはまさに東京の鉄道網と
同じであるという発見である。
要するに東京の鉄道網は近辺の都市に最短距離で辿りつけるように
建設されているという、これも日本の効率の裏付けであるが、slime
moldはそんな人間の努力など横目に本能的にその力をそなえている
という神秘である。
また迷路の最終地にも一番短距離、短時間で辿り着くこともできる。
(youtubeでslime moldと探せばいろいろ出てくるのでみてみてください)
この菌の能力を利用してさまざまな情報網、鉄道網などを開発することが
できるという。

自然の力とはどれだけ未知でありまた無限大なのだろう。
そしていくら人間が自然の生き物に在る不思議を科学的に解明し、模倣しよう
と思ってもそこになんらかの限界がありそうだ。

夏の夜、やもりを眺めながら想う。

f0097102_2251014.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2012-06-29 22:55 | Natura (自然)


<< 手と手のかたちー残照      隠れ路地にあるオステリア >>