トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 25日

石壁の表情

トスカーナの風景に欠かせないもののひとつに石壁がある。家そのものの造りも石であるし、道端に古くからある礎の役割を果たして来た石壁、そして石畳。

f0097102_17595973.jpg


昔ながらの石壁はmurino a secco(から積みの壁)と呼ばれ、セメントなどのない時代に石と土のみで壁を立ち上げて行く方法である。昔の人は本当にすごい。しかし残念ながらこの技術を知る人たちも減っている。手軽にセメントが手に入るのでそれで固めた方が時間も手間もかからないからだ。必然的にmurino a seccoを仕上げることのできる人も減ってきている。

f0097102_1811618.jpg

いつの時代からあるのか静かに土地とそこに住む人々を見守る石壁の表情に作家魂を動かされ、石壁ーMuroのシリーズが生まれた。煉瓦が混ざって赤と灰色の調和を見せるもの、形もさまざまで、よく見ると顔が浮かび上がるようなもの、巌のような猛々しいもの、また反対に丸みのある優しい感じのもの、石壁の表情は千差万別である。通りすぎてしまえば気がつかない日常に生きる歴史 ー アレはそこに自然と作為の絡み合う無限なる美を見いだしたに違いない。
















人気blogランキングへ
f0097102_1811440.gif



にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-25 18:14 | Arte di Ale(アレのアート)


<< 我が家の小さなイコンたち      Dio Sole 太陽神 >>