トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 26日

我が家の小さなイコンたち

日本人の血のせいか、なんとなく仏さまやご先祖様を祭る風習が残っているようで、我が家の本棚の一角にも4つのイコンが祭られています。
木製のものは祖母の木彫仲間が彫ったもの、蓮の形の中に彫られていて、蓋ができるようになっています。祖母が亡くなったときに大事にもらい受けました。

f0097102_22435727.jpg

テラコッタのものはずっと以前にタイに旅に行ったとき、地元のお兄さんがプレゼントしてくれたもの、プラスチックの入れ物に入ってぶらさげられるようになっている。残念ながら中の仏さまは3つに割れてしまっているけれど。今でもこのタイでの経験は頭にじーんと残る素晴らしい旅。この仏さまをくれた彼はちょうどB&Bを始めたばかりの日で、私と連れは初めての泊まり客。なので、なんとなくお祝い気分でお客というより友達のように食事をし踊りに行ったのを覚えています。その地で見た大仏の素晴らしさも含めて。

そして象神は京都の比叡山近くにあるタイ料理を出すレストラン兼、タイやインドなどの家具や小物など多く扱う雰囲気のある店にて、娘が「これがほしい」と主張して、一緒に夕べをともにした友人が買ってくれたもの、これはインドのガネーシァ(Ganesha)象神でしょうか。彼は私にとって人生が何かをおしえくれたような人で、今ここイタリアにいるのも彼のおかげかもしれません。

f0097102_22365926.jpgそして最後の石の顔はアレがアラバスター素材を彫ったものです。これは父が急逝して大慌てで娘とふたりだけで帰国したとき、ひとり空虚感を味わいながら家に残ったアレが即興的に彫ったもので、私にとってはとても想いの深い小さな石頭です。
なぜならこの顔、どこか父の面影があるのです。アレの手を通して現れたみたいな。考えすぎでしょうか。
別に毎日拝んだりするわけではないのですが、この4つの仏さまはわたしにとってなんとなく大事なお守りのようなものです。それぞれ素材も、木、土、鋳物、石と違うのも今気がつきました。自然の4要素を代表するみたいで、不思議です。同時に私の人生の節々を表す4つの姿です。

f0097102_1893754.jpg



人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click grazie!☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-04-26 18:27 | Vita (人生)


<< スペインの画家、Miquel ...      石壁の表情 >>