2006年 05月 04日

進行中の庭の続き

庭は着々と進んでいる。隅の屋根付き仕事場を完成した。

f0097102_17411345.jpg

すべてアレの手仕事なので軸柱となる木も拾ったものあり、買ってきたものありで、いかにもしろうと造りの様相ではあるが、それがまた味わい深い。古い煉瓦を使って床部分もできた。後は少し地が固まってなじむのを待つばかり。

f0097102_17414784.jpg

これからが本番。見つかった石片やレンガの欠片などを使ってインストレーションを制作するつもりである。庭の中の「空中庭園」である。 

f0097102_17424845.jpg








そして壁の部分には「石壁」シリーズを少し展示して、Muro contro Muro uguale Muro (壁 対 壁 = 壁)のパラドックスを表現しよう。
6月までにはこの即興展覧会実現したいと思っている。

5月、6月とトスカーナでは自然が一番美しい時期。小さな黄色い花を満杯に咲かす蔦科の薔薇。今満開。今年最初の蛍も昨晩小さな光を空中に灯してくれた。初夏の豊穣とした気に満ちるモンテフィオラーレの最高の時節、薫る大地。


f0097102_17432936.jpgf0097102_1743538.jpg
















f0097102_17581162.gif

にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click ありがとうございます☆
[PR]

by jamartetrusco | 2006-05-04 18:00 | Arte di Ale(アレのアート)


<< 娘、Mina について一言      Opus ー 「大宇宙」の表象化 >>