トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 05日

娘、Mina について一言

今日は日本の子供の日。イタリアの祝日ではないのですが、なんとなくこの日にちなんで我が娘、Minaに登場してもらうことにしました。自分の娘についてブログにて長々と紹介するのはあまり私の性に合わないので、とにかく簡単に。今年7歳になり、グレーベの小学校に通う2年生。春からの良い季節,学校から帰ると一目散にモンテフィオラーレに住むお友達と遊びに行ってしまいます。これもしかしつい最近のことで、以前は一人で外に出かけるなど信じられないことでした。やはり成長の過程でしょう。人見知りをする恥ずかしがりやの一面、男の子顔負けのアクティブタイプでもあり、いったい誰に似たのかな、と不思議に思うほど、運動神経が発達していて、いつも歩くのではなく、走り、自転車に乗ると、まるで突風のごとく。
その反面、小さい頃から絵を描くのが大好きで、父親を真似てスタジオにて色の調合を手伝ったり、案外芸術的な面もある。見様見まねというところ。こちらで昔放映されていた(もしかして今も)ディズニー制作の"Art Attack"という子供向けに「アートを実践してみよう」、みたいな番組があって、その中にイギリスのお兄さんが日常のものをつかってひとつのイメージを作り上げてしまう、子供にとっては驚きのコーナーがあるのです。それに触発されて作った即興インスタレーションがこれ。2年前のこと。子供の感性は面白い。

f0097102_1732459.jpg














f0097102_1733773.jpg

イタリアと日本という二つの文化が彼女の中では併存しているわけですが、今のところは完全に日本びいき。食べ物はパスタより、蕎麦やらーめん、もずく、枝豆、鉄火巻き、納豆巻きとかが大好き。なんだか酒飲みみたい。日本語は私と話すので話す方は全く問題なし。時々どこで習ったのかという表現など知っているのは、たぶん好きで観ている「どらえもん」のせいかしら。ロンドンにいるもう17歳の姪っ子が小さい時からの「どらえもん」ファンで、それに感化されてかMinaもとにかく好きです。この姪がいみじくも何が「どらえもん」が面白いかというと、日本の子供のある家庭生活の象徴のようなものであることと、またとってつけたようなハッピーエンドでなく、必ず落ちがあるところ、だそうです。確かに。
なんだかとりとめないブログとなりました。日本とイタリアの将来を担う一人であることに間違いはないMina。これからが楽しみです。

f0097102_17333739.jpg




人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
☆One click どうもありがとうございます
[PR]

by jamartetrusco | 2006-05-05 17:31 | Vita (人生)


<< 作家の心 ー 聖と魔の住む処      進行中の庭の続き >>