トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 30日

2013年の締めくくり

10月以来投稿しないまま月日がどんどんと経ってしまった。
仕事や雑用や出張など重なったことも理由のひとつだが、言葉での自己
表現にやや疲れを感じ始めたこともある。ブログという形式に目新しさを
感じ、そしてアレの作品の紹介のつもりもあって始めたのははや2006年の
初め、なんともう8年近く続けてきたと思うと時の経過の早さに驚くとともに
自身の心境の変化というのもつくづくと自覚する次第である。

自分の感じること、観た展覧会、好きな画家や好きな映画、自分の家族を
巡る体験や出来事、アレの作品についての感想や紹介など気ままに綴ってきた
今までとこの数ヶ月の心境の変化は言葉にするのはなかなか難しい。
一言で言えば年齢的とも言える自身の存在への危機感、一体今までの人生は
なんだったんだろう、そして今ある世界への幻滅感などが相まって、それらの
感情を言葉で表現することへの限界と拒絶。
さらに今でもこのデジタル、ネット革命の恩恵は被りながらもどこかそこから
自分の心を脱離したいという願望がもやもやと出始めているのである。

芸術に関してもこのごろ何をみてもなかなか感動しない。今のアート界と市場の
仕組みにも賛同できないし、心動く展覧会も稀である。
これは感じる心が鈍くなってきているのか。。今までの情報の蓄積から解放されて
心を無に戻したい。白紙に戻してそこにまた新たな感動を誘導したい。

人生の道程のひとつの分岐点に来ていることだけはわかる。
次のステップに移るために何かの変化を渇望する自分がいることがわかる。

2014年は自身の中のRinascita、再生の年になりますように。

f0097102_1104957.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2013-12-30 01:12 | Vita (人生)


<< 初午を控えて      ヴェネチア賛 >>