2015年 06月 28日

縄張り

隣人に子猫が二匹やってきた。ジュリアのお爺さんから譲り受けてきた子猫。
赤い虎猫のジェッポと真っ黒なアデリーナ。まだ1ヶ月ぐらいだろうか。
ジェッポは雄猫でやや大きい。女の子のアデリーナはやや未熟で生まれたのか
細々としていてまるでコウモリみたに真っ黒。瞳も黒くて暗闇では見えないくらいである。

赤猫は以前我が家に出入りしていたビルバもそうであったがどこか冴えていると思う。
好奇心も旺盛で常に意思疎通にも長けている気がする。
単なる思い込みかもしれないが。
しかし実際のところ様々な映画に登場する猫は必ずと言って良いほど赤猫である。
思い出すのは難しいが最近ではインサイド・ルーウィン・デイヴィスに登場したのも赤猫。
統計的に言ってテレビ、映画のドラマに猫が出てくる場面は必ずと言って赤猫である。
つい最近ニュースで話題になったオーストラリアの買い主のチップを
入れていて遙彼方のアイルランドにて発見された高齢25歳の猫も赤猫であった。
買い主は見つかるのだろうか。。

さて我が家の問題はこの子猫2匹を我が猫ミヌーが受け入れていないことである。
少しずつ近寄っているようではあるが、ミヌーはこの子猫が近づくと威嚇する。
ミヌーがちょうどジェッポぐらいの年齢で我が家に来た時は出入り猫のビルバ
が母親代わりをしてくれたのを思うと、ミヌーは母性本能がないのか。
了見の狭さにがっかりする。
一概に猫と言ってもそれぞれ性格が違うから仕方がないが。。
縄張り意識のせいか。
そのうちに仲良くなってくれることを願うばかりである。

f0097102_537630.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2015-06-28 05:39 | Natura (自然)


<< お化けズッキーニ      雨、太陽、虹 >>