トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 06日

隠れたフレスコ画ー モンテ・オリビエート・マジョーレ修道院

以前から書こうと思いつつ、日が経ってしまいましたが、今日はここで、この素晴らしい修道院について紹介します。

f0097102_434921.jpg

トスカーナの神髄、シエナからさらに南に下がって、ただただ感慨無量の風景Creta Seneseのなだらかな丘を通って、BuonconventoからAscianoへ向かう途中にあるAbbazia di Monte Olivieto Maggiore。人里離れ静寂におおわれたこの桃源郷。

f0097102_445885.jpg

古い石畳を降りて行くと雄大な修道院の建築物に辿り着きます。もうすでに2回訪れましたが、観光客もまばらで、僧院の厳かな空気の中で出会うフレスコ画の美しさには毎回魅了されます。静鎰の中に美を享受できる場所。

f0097102_44468.jpg


この修道院の歴史は下って1313年、ジョバンニ・デイ・トロメイという高貴な生まれの若者が、シエナ出身の仲間の友人達とともに浮き世を捨ててトロメイ家の持ち物だった人里離れたこの辺境地に隠遁し、人生を神に捧げる決心をします。その後1319年にはアレッツォ司教グイードにベネディクト宗派として承認され、その後1344年には当時法王が移転していたアビニヨンに居す法王クレメンテ6世によりベネディクト派修道院として公認されます。

ベネディクト派は全身白の僧衣をみにつけています。修道院の経営するお店ではベネディクト修道士たちがつくった薬草をもとにしたさまざまな薬や化粧品、有機のはちみつなど販売しています。この有機のはちみつは実に美味しかったです。

f0097102_442059.jpg

さて、この僧院の圧巻はなんと言っても、Il chiostro, 回廊付き中庭にあるフレスコ壁画です。
一枚だけソドマの娘婿のリッチ作である他、フレスコ画すべてはアントニオ・バッツィ、通称ソドマとルカ・シニョレッリの手によるものです。題材はSan Benedetto, 聖ベネディクトの生涯で、様々なエピソードのもとでの聖ベネディクトの生業が描かれています。1495年にシニョレッリが始め、1505年にソドマが加わって完成しています。

f0097102_4115643.jpg

f0097102_4163026.jpg

画風は似通っているものもありますが、筋肉質の肉体表現など、明らかにシニョレッリのタッチがわかるものもあります。

ソドマの作品の中には自画像を入れ込んだり、
f0097102_451728.jpg


またひとつの題材「聖ベネディクトがローマのふたりの若者、マウロとプラチドを迎える」の図ではひざまずく若者のモデルとなるのが若きボッティチェリとレオナルド・ダビンチであることなど、興味をそそられる事実も知られています。画像が小さくてよく見えませんね。


f0097102_443952.jpg



シニョレッリ(1445〜1523)はトスカーナ生まれのボッティチェリと同年代の盛期ルネサンスの画家。ソドマ(1477〜1549?)は後期ルネサンス、またはマニエリズム期に活躍、もともとロンバルディア地方の出身であるもののシエナにて作品のほとんどを制作したので、シエナ派の画家として知られています。また面白いことに、ソドマはバザーリの美術家列伝を嘲笑ったので、お返しにバザーリもソドマについてはその振る舞いや芸術について中傷する発言をその著に残しています。

話がそれてしまいますが、作品よりはその著作で有名な16世紀の画家バザーリ、その影響力たるやその当時も多大であったろう、と想像します。フィレンツェのパラッツォ・ヴェッキョの16世紀の大広間, il Salone dei Cinquecentoの装飾はバザーリにより完成されましたが、その際にかの有名なレオナルドとミケランジェロの競い合って描いた「アンギアリの戦い」と「カッシーナの戦い」は永久に失われてしまっと伝えれています。ところが最近では実はバザーリが自身の絵の下に隠したという説もでてきており、まだまだ謎が残っています。

この僧院のような環境にて見る当時のフレスコ画は美術館などで見るそれとはまったく質の違う、雰囲気と時代性、神聖さに満ちたものです。喧噪を逃れ、ルネサンスのフレスコ画を堪能されたい方には必見の畢竟です。


f0097102_4121770.jpg









☆以下のランキングに参加中です。クリック2回 ご協力ありがとうございます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-06-06 19:29 | Arte (芸術)


<< 亀三匹 ー 3人3脚      自然の恵み その2 ー Cap... >>