トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 12日

Duomo -San Bartolomeo Scorticato 剥皮のサン・バルトロメオ

ミラノの話題の最後。ミラノと言えばかの有名なDuomo di Milano, ミラノ大聖堂を語らずにして終わることはできない。イタリアには珍しくゴシック建築であり、ヨーロッパにおけるカトリック教会大聖堂として第2の大きさを誇る(一番大きいのはスペイン、セビリアの大聖堂)。長さは157m、40,000人は収容できるというからその大きさは想像できる。
現在修復中で、見事な正面がテントに被われてしまっているのが残念だ。
f0097102_22541154.jpg


1386年に大司教のアントニオ・ダ・サルッツォが、フランス建築様式の特徴である後期ゴシック様式を採用してドゥオーモ建築に着手する。おりしも従兄弟のジャン.ガレアッツォ・ヴィスコンティが同じくヴィスコンティ家である前任者、バルナボを駆逐してミラノ統治への力を得ることとなる。バルナボの独裁的な支配に苦しんでいた市民たちにも絶好のアピールチャンスということでこのふたりによる大聖堂建築プロジェクトが始まったわけである。その後、数々の技師(主にフランスから)の力と、それぞれの時代の統治者ー16世紀のルドビコ・スフォルツァ、スペイン支配、ボロメオ家、そして19世紀初頭のナポレオンに至るまでーがその力の限りを尽くして、建築ディテール,ファサード、内部装飾などなどに手を加え、最終的に今の形となったのは20世紀に入ってからというから、始まりからすでに600年以上経っての完成ということ、何とも気の長い話ではないか。バルセロナのガウディ設計のサグラダ・ファミリア教会も未だに建築続行中であるのは当然のことだろう。


f0097102_22543169.jpg


大聖堂内に入ると、そのゴシック式天井の高さにまず目をみはる。威圧的と言えるほど、暗い。そこにぼんやりと光る色鮮やかなステンド・グラスの美しさも忘れられない。


しかしわたしもアレも目をうばわれたのはマルコ・ダグラーテ作の聖バーソロミューの像。イタリア語ではサン・バルトロメオ。この聖人はキリストの12使徒の一人で、宣教中のアルメニアにて殉教したと伝えられている。殉教の仕方も壮絶で、生きたまま、生皮を剥がれて逆さまに十字架にかけられたという。というわけで、この像も自分の皮をまるでマントのように体にまわして凛と立っているのである。

f0097102_22534886.jpg

見てすぐに彫像の力強さに惹かれたのだが、よくよく見ると、皮のない解剖学の肉体如く筋肉露わである。そしてその表情も厳しいがどこか超越した趣き。

アレもこの彫刻をuomo scorticato (皮を剥がれた男の像)として裏覚えていただけだったので、一体誰だろうね、と話していた。そして後で調べてみたら、サン・バルトロメオであることがわかったのである。そしてよく考えてみたら、かの有名なミケランジェロのシスティナ礼拝堂の「最後の審判」の中に抜け殻をぶらさげた人物がいたではないか。サン.バルトロメオそのひとである。

f0097102_2255341.jpg

こうしてみてみると、ヨーロッパの美術を知るにはキリスト教に関する常識やそれにまつわるアレゴリーなどへの知識が必須である。背景がわからずしては半分しか理解できないだろう。もちろんもっと直感的に、本能的に美術の美しさの善し悪しを語るのも本望であるが。日本にてカトリック系の学校に通った唯一の利点はおかげでヨーロッパの宗教画の基本的な知識を得ることができたことであろうか。

最後に高級店の並ぶSpiga通りで見つけた時計屋さんのウィンドーディプレー。
面白いのでカメラにおさめた。何か思い出しませんか? この発想、ロンバルディア地方出身の16世紀の奇異な画家アルチンボルトの絵にインスピレーションされたことに間違いない。
アルチンボルトについては、前から書こうと思っていたので、それはまた次回にでも。

f0097102_22561250.jpg








☆以下のランキングに参加中です。クリック2回 ご協力ありがとうございます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
にほんブログ村 美術ブログへ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-06-12 23:10 | Arte (芸術)


<< 真夏日の始まりー進行中の庭 最終段階      モンツァー 広大なるParco... >>