2006年 07月 03日

London Eye

今日は海からロンドンに戻って、London Eyeのこと。
London Eyeは2000年のミレニアムを記念して建設された観覧車。

f0097102_4165798.jpg


実は生まれて観覧車なるもの乗ったことがなかったのです。
「幸せって何かな?」のブログのreihappyさんが横浜の名所の観覧車を紹介されており、乗ってみたいなーと思っていました。
いままでロンドンでは美術館以外の観光地には行ったことがないのです。東京生まれで東京タワーに上ったことがないのと同じです。ロンドン塔ちかくのロンドン・ダンジョン、エリザベス女王所蔵の世界一大きいダイアモンドもまだ見たことがありません。というわけでこのロンドンの観覧車もいつになったら行くこやら、と思っていたのです。ところが、思いがけず今回娘のおかげ、そして娘の友達が「絶対にロンドン・アイに行きたい」と言ってくれたおかげで、乗る経験を得ることなりました。どんなに待つかと思いきや乗車券を買うのと待ち時間と合わせて30分ぐらいで済んだのでまずまず。観覧車というのは乗るときに止まるわけではないのですね。ゆっくりと乗車口に来た時に、あなた達何名ですか、それではここに乗ってください、と指図され、ささっと乗り込むわけです。

f0097102_422572.jpg


乗ったらもうこっちのもの。じょじょに上へ上へと上がっていきます。ロンドンの風景が360度、目の前に広がるのですから、やはり感慨無量。
f0097102_418453.jpg

下の人たちが小さい蟻ん子のようになっていく。ビッグベンことウェストミンスターの国会議事堂は見間違うことのない建築物。遠目に見ても素敵です。

f0097102_4185587.jpg


頂点に立つ満足感を味わってからまた下に下がっていく。所要時間約30分。結構楽しめました。でもこれが最初で最後の乗車でしようね。

さて我が拙ブログを訪れてくださる読者の皆様、そしてわたしが毎日拝読させて頂いているブロガーの方々、海におります1ヶ月間、携帯電話よりの接続のためなかなかネット接続が難しい状況です。というわけで拙ブログ更新に精一杯の状況です。どうぞご容赦くださいませ。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-03 04:14 | Viaggio(旅)


<< ロンドン科学博物館ー発明の母      海の生活の始まり >>