2006年 07月 16日

Populoniaー海の城塞


f0097102_0152344.jpg


Populoniaの城塞。以前のブログでも少し紹介した。丘の上にその城塞の塔がそびえているのがバラッティ湾から遠望できる。
エトルリアの街で唯一海に直接面して建立され、もともとエトルリアの中心地であるヴォルテッラに配属していたが、その後製鉄や港として独立繁栄する。
城壁は中世に海賊から防衛するために建てられた。その後城塞は15世紀初頭に強化され、18世紀に改修され今の姿に至っている。 ポプロニアが有名なのはなんといってもエトルリア時代のネクロポリス(古墳)がその周囲で発掘されていることである。

昨日は土曜日、お昼をすませてバラッティ湾にいつものように出かけたが駐車場が混雑していて止める場所がない。それではポプロニアを散歩してから戻ろう、ということになって容赦なしのギラギラの炎天下、丘の頂上へと向かう。
f0097102_0153749.jpg

車で数分、頂上から見下ろす大海原、絶景である。それにしても、体からなにからまわりがすべてが解けそうな暑さである。
そして城壁内の街はまだ午後早いので開いているのはレストラン、Lucomoneのみ。エトルリア人の彫像を象った店の看板がいかにも可愛らしい。
f0097102_016939.jpg

お昼のメニューはcozze(からす貝)のアンティパスト、3.5ユーロ、アサリスパゲッティが6ユーロなどと、比較的手頃な価格。今度食べに来てみよう。
夜はもっと高くなるそうな。そして個人コレクションを集めたエトルリア美術館もある。
教会は修復中であったが、真っ白でどこかギリシャ風。
f0097102_0162467.jpg

ネクロポリスの遺跡も近くに見えるのだが、この暑さではとても古墳巡りという気にならないので、これは次回に見送ることにする。
街をぶらっと一回りしてから、バラッティ湾に戻り再度駐車場を回ったらちょうど出る人がいた。
バラッティ湾で唯一無料駐車場なので、空を見つけるは週末はなかなか大変なのである。
これもエトルリアの守り神のおかげ、ありがとう!
Grazie, Dio Etrusco!!


以下のランキングに参加中です。
2回クリックお手数でなければお願い致します。
人気blogランキングへ
にほんブログ村 美術ブログ
[PR]

by jamartetrusco | 2006-07-16 18:16 | Viaggio(旅)


<< ボルゲリの楽園—そして飛ぶ男たち      日暮れ時のSuvereto >>