トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 10日

満月から狼男


f0097102_4595833.jpg


今晩は満月の夜。このような風景を見ていて自然と想いはヨーロッパに起源を持つ狼男伝説へ。
英語ではwerewolf、サクソン語でwerとはman、男を指し、文字通り狼男、イタリア語ではlupo mannaroと呼ばれる。
狼男の発祥の起源はギリシャ神話。アルカディアの王、リカオンーLycaon−は残酷な性格でゼウスの好意を得るために小さい子供の生け贄を捧げるが、かえってゼウスの怒りを買い、狼に変えられてしまう。ちなみに狼男の別名はlycanthropeであるが、自分が狼男であると信じる精神病の病名でもある。
また中世には教会が狼を悪の化身、または悪魔の召使いと見なして嫌ったためにこのような伝説がヨーロッパ全域に渡って普及したのだろう。狼こそ大迷惑だが。加えて、自然と密接な関係にあった当時の人々が自身や家畜の生命の危険を脅かす存在として狼を嫌ったこともその所以であるに違いない。またもうひとつ興味深いのはポルトガルでは7番目の男の子が狼男になるという言い伝えもあったらしい。ラッキーセブンであるはずの7が何故?と思う。そして赤ずきんちゃんと狼の逸話も無視できない。男は皆狼、というようなセクシャルな男の本能的な意味をふまえた狼男伝説であろう。

さてこの狼男から派生してわたしの青春時代に心に残った映画の内、狼男を扱った映画が2作ある。
f0097102_2434932.jpg


ひとつはパオロとヴィットリオのタヴィアーニ兄弟の監督による”Kaos"ー「カオス」 (1984年). シチリアの作家ルイジ・ピランデッロの小説から取られた4つのエピソードからなる。イタリアのネオ・リアリズムの影響を受けたと言われるタヴィアーニ兄弟。この映画も淡々とした語りぶりとシチリアの大地にねざした過酷で力強い人々の生き様とその悲喜劇的な運命を表現力豊かにそして官能的に表した傑作である。DVDを手に入れたいのだがなかなか見つからない。
この内、2話目が"Moon Sickness"というサブタイトルで狼男の話。とは言え内容はとても官能的で男女関係の皮肉を表したもの。若い妻をめとった男が実は狼男で満月の夜に狼に変貌する。赤子の時に母親が満月にさらしていたということが理由らしい。この夫、妻に危害を加えるのを恐れてハンサムな従兄弟に満月の夜は妻のもとにいてくれるよう頼む。ところがよくあることでこのふたりがいい仲になってしまい、次の満月の夜に逢い引きするが、その夜に限って雲がでて、満月を覆い隠し夫は狼男にならず、そのかわりにふたりを見つけてしまう、というなんとも悲しく、皮肉的な話である。その映像の美しさと男女間の関係を狼男という題材を通して官能的に表したエピソード。満月のイメージの強さは未だに心に残っている。


f0097102_244572.jpg

もうひとつの映画は大好きなアイルランドの監督ニール・ジョールダンによる、やはり1984年作の映画で“Company of Wolves"。赤ずきんちゃんの逸話と狼男伝説を夢と現実の迷路を不確定で幻惑的なイメージで表現した映画。男女間の「性」についての言及がことさら強い。男が狼に変身するシーンなど今の特殊撮影を越える迫力がある。とにかく恐怖感と魅了、現実と幻想、光と闇が交錯するような、そして伝説を映像化したような美しい映画である。

というわけで満月を見て喚起すること多々。満月の持つ威力か。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-08-10 02:03 | Cinema (映画)


<< La Notte di San...      Word into Art ー... >>