トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 31日

8月30日ー秋の透明なる空気 

8月ももうあと一日。もうすぐ夏も終わりとなるのか思うといささか淋しい思いである。暑いのが好きな私としては秋の訪れはあまり歓迎でない。朝晩ひやひやしてくる。やはりアフリカ砂漠の気候に近いのか乾燥している分、日中の日差し下の温度と早朝、夕刻の気温とではかなり違うのである。夕食をテラスで、という楽しみも日に日に少なくなっていく。
そして学校も新学期があと2週間で始まる。また学校を巡る長いようで短い一年の始まり。今年娘は3年生。3年生というとなんだか一気に大きくなった気がする。今年はどんな風に成長するやら。

今翻訳の仕事やアレの展覧会企画などに頭を悩ましているので脳みそがかなり膨張している。夜も頭が冴えわたるからなかなか寝つけない。
そして書くことが定まらないのでだらだらと今日の出来事を書いている。

今日は早朝に大雨があったらしく、嵐の後のすべて吹き飛ばしてしまったような素晴らしい快晴だった。透き通るような日差しとはこのようなこと。ただ気温はもう夏のそれではないので日陰に入るとひんやりとする。もう空は秋。
f0097102_0471536.jpg

上の庭の無花果がすっかり熟してきてえらく美味しい。お昼に生ハムとともに食した。

アレの木彫のひとつ。これも海からのささやかな贈り物。アレは作品ごとに記録を画像に残している。日差しの透明感が作品に反映している。ダリの延びた人物像のようなフォルム。見る向きによって違ってくる。千と千尋の出てくるお化けにも見えてくる。

f0097102_0375796.jpg


f0097102_0381445.jpg


少し涼しいせいか、ビルバが知らないうちに家の中の椅子の上でちゃっかり昼寝をしていた。

f0097102_0475354.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2006-08-31 00:52 | Vita (人生)


<< レオナルド・ダ・ヴィンチー英国...      箱? >>