2006年 10月 30日

一日にてなせる技

f0097102_1314726.jpg

このところのアレの彫刻への集中力はすごい。制作の波に乗るとはこういう時のことを言うのだろう。その代わりキャンバスの方は一向に進まないが。
f0097102_132881.jpg

つい今週初めまたあらたな杉の幹がスタジオに鎮座していると思ったらあれよあれよと言う間に、昨日覗いてみたら頭に変貌していた。前の女性の頭部より小さな幹ではあるが、彫り込み第1段階から頭の形に成り代わるまで、なんと一日を要するのみだった。

f0097102_1323683.jpg


f0097102_1391736.jpg


ちょうどわたしがフィレンツェに行って留守にしていた日に根をつめたらしい。
底部に10月25日と日付が記されていた。アレはすべての作品に日付を書き込む。まだ未完でも。後になってある月のある日に出て来た作品というのがわかるのは案外おつなものである。
のみの彫跡がまだ新鮮で、木目の表れ具合も好きだ。

f0097102_1325632.jpg


昨日土曜日の晩より冬時間。一時間得をしたので一日が長い。ただ陽の落ちるのがますます早くなる。これから一気に午後5時には真っ暗闇の冬に向かう。ところが今年の9月、10月は記録的な暖かさ、なんと200年ぶりの高温新記録ということである。しかしこの暖かさもいよいよここ2〜3日のお名残らしい。

家のすぐ下のオリーブ畑でも収穫が始まっていた。日和は良いし、オリーブの種類によってはもう収穫できる十分に熟れたものがあるらしい。
私たちも昨日は少々気が引けるが近くのオリーブ畑から実を少々摘んで来た。こんなに少量だから誰のおとがめもないだろうが。

f0097102_1331388.jpg


友人に教えてもらった最新の珍味。この生のオリーブをフライパンで少々のオイルを入れて煎るのである。 オリーブといってもいろいろな種類があるのであるが、なるべく実が大粒の柔らかく熟したものが良い。緑がかったタイプが苦みがまろやかで一段と美味しいようである。
そのうち芳ばしいオリーブの香りが漂ってくる。ものの10分もすると実が柔らかくなる。
そしてそれをワインのおつまみに。ほろ苦くほくほくしている。なんともくせになる味である。
あー幸せと思う瞬間。
[PR]

by jamartetrusco | 2006-10-30 01:55 | Arte di Ale(アレのアート)


<< フィレンツェ大洪水から40年      ポンペイの遊郭ーLupanare >>