トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 21日

Firenze Magnifico Club設立


f0097102_1835084.jpg


フィレンツェ在住20年以上という日本人女性の友人が立ち上げた文化交流協会、Firenze Magnifico Club。 ルネサンス最盛期の象徴といえる人物メディチ家のロレンツォ豪華王、ロレンツォ・イル・マニフィコにちなんでの命名である。
日本とイタリアの文化交流をめざして過去にもいくつかの展覧会や催しを手がけてきた彼女であるが、ここにきてその情熱をひとつの形にまとめて協会とした。わたしも協会設立のメンバーの一人としてお手伝いさせて頂くことになった。

協会は非営利で日伊を中心とした幅広い芸術文化交流を目的とし、主な活動は、芸術、工芸、音楽、歴史などの紹介、芸術家招聘、教育活動(交換留学生)、各種催物(2008年春、地蔵、タベルナッコロ展予定)、ボランティア活動(施設訪問、寄付等)、バザールなどが計画されている。非営利団体であるので運営費を少しでも割り出すために年間30ユーロの会員費の協力も募っている。

まだまだ未知数多い活動であり、今後どのような形で日本の文化をイタリアに呈示していくことができるか、わたしもメンバーの一員としていろいろと考えて行きたいと思っている。

町自体が素晴らしい芸術のようなフィレンツェ。しかし世界の観光都市となって長く、フィレンツェ市民の存在がおろそかになりつつある近年。店もレストランも観光化し、町の広場の多くも普通の市民が子供連れでなごやかに過ごすというにはほど遠い荒んだ状況になっていることは否めない。職人の工房などに見かける日本人の方々の姿。フィレンツェの伝統ある職人芸を残すことに一役かっているのはフィレンツェの都市とその文化芸術伝統を愛する日本人の方々であることも多い。このような状況の中でフィレンツェ市民のための新たなるフィレンツェ再生ーRinascimento (ルネンサンス)ーに日伊文化交流がどのような貢献ができるか。それが今後の課題ではないかと思っている。

2007年亥年にちなんでか、猪突猛進あるのみ、ということで立ち上げた協会。これからが勝負である。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-01-21 18:39 | Paese (土地柄)


<< 京の唐紙      京都での実り >>