トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 29日

本質


f0097102_23585169.jpg


先日EEA21の横澤さんがスタジオを訪れた際にアレのオリーブ素材の木彫りに興味を持ってくださった。故に夏のEEA21の展覧会にはオリーブの彫刻を少し展示させて頂く予定である。

アレのオリーブ彫刻の特色はオリーブに忠実であることだろう。そこには作家の作為と自然との微妙なバランスがある。ある意味で焼き物が火にその魂をまかすのと似ている。
自らの手で彫る。故にオリーブのあるがままの姿が素直に形となって出てくる。機械はもちろんのこと、のこぎりさえの介入もないので、形自体はオリーブ主体である。オリーブの決めた動き、線に沿って手が動くのである。

f0097102_2359763.jpg


オリーブの年輪は根っ子からわかる。成長の足跡がそのまま根っ子の歪曲に示される。
柔らかい部分は彫り込まれて消えて行く。だんだんとひとつのオリーブの根っ子の神髄へと到達していく。否応なしに形が決まっていくのであるが、それは無心な行為によってのみ発見できる。だから最後に残る形はオリーブの魂が露になった本質、エッセンス、エキスなのである。まるでオリーブの内臓へと掘り下げるように。だから力強いのだ。

作家の役割は「本質」を発見し見極めるのみである。
オリーブの面と裏の顔。


f0097102_23592744.jpg





明日から4月13日まで日本にて、しばしお休みします。
桜の薫香色気に溢れる春爛漫の日本、楽しみです。
[PR]

by jamartetrusco | 2007-03-29 00:04 | Arte di Ale(アレのアート)


<< たわわ      Trash People - ... >>