トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 07日

Arton Art Gallery 明日オープニング

f0097102_15304273.jpg


昨日Arton Art Galleryに作品を運び込んだ。
いよいよ明日オープンするアレの展覧会の2日前。
月曜日は美術館が休館なのでその日に準備をするのである。
本館と別館の建物のコントラストが面白い。煉瓦とコンクリートの灰色が
美しく調和している。煉瓦、いかにもアレの表現に合う。

f0097102_15301459.jpg


休館日の美術館の中はしーんと静寂感が漂う。
外は灼熱の暑さの午後1時。搬入口で待ち合わせ、中に入ると
冷房がきんきんときいていて、すーっと汗がひく。
そして別館のホールではコンサートの予行演習で3人の音楽家達が
練習をしている。クラシックの生演奏の中の展示準備、贅沢な時間である。

展示ギャラリーはあまり広くはないが古い建築物の高々とした天井の
おかげで空間が美しい。空気の広がりのあるギャラリーである。
ショップの部分と分けた展示台を増設してくださったので空間もすっきり
していて展示しやすい。
壁面に合わせて知らずと展示作品が定まってきた。

落ち着いた個人住宅の室内の雰囲気のHouse of Artギャラリーとは違って
ギャラリーとしての機能のはっきりした空間。
作品も前回展は「テッラ・マーテルー母なる大地」のテーマに合わせて
砂や土を使ったシリーズが中心だったのだが、
今回は油彩が主で、主題も多少違うものである。
箱、包み、煉瓦、中になにか秘めたるもの、というやや象徴的な表現である。

Porta Magica – 神秘の扉。

f0097102_15321962.jpg


さて今展はどんな喜びや出会いやインスピレーションが得られることか。

Alessandro Nutini Exhibition
2007年8月8日(水)〜 10月21日(日)

オープニング・レセプション 8月8日 17:00〜19:00

於 Arton Art Gallery
京都文化博物館別館内
Tel/fax: 075 211 3288
E-mail: arton@jupiter.ocn.ne.jp
開廊時間 10:00〜19:30
月曜休廊(但し京都文化博物館の開館時間に合わせ開廊する場合あり。
月曜が祝祭日の場合翌日)



f0097102_15294012.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-08-07 15:38 | Arte di Ale(アレのアート)


<< 猛暑-文化財との過ごし方      EEA21展覧会—展示の醍醐味 >>