2007年 09月 26日

般若心経考

f0097102_1635797.jpg


般若心経というと日本人ならだれもが一度は唱えたことのあるお経であろう。
たった300字あまりの漢字に600巻に及ぶ大般若波羅蜜多経の神髄を表した大乗仏教の教典である。このお経に含まれる教義を完璧に聡ることはなかなか難しいと思うがこのお経を唱えるだけで心がどこか休まるのは確かである。
この世のすべては私も含めて幻であり、実体のないもの、「空」であり、それもまた頭で「空」と捉え思考するのでなく、すべての執着を捨ててとにかく「空」を達観することを唱えている。
わかるようでわからない、簡単なようで容易ではない心の境地であるが、宇宙のなんであるかが一抹でもみえてくる。

若く能楽師の祖父と結婚し、その人生の大半を能楽師の妻として働き、そして60歳過ぎてから木彫りや水墨画など好きな制作に人生を捧げたわたしの祖母は90過ぎまで生きたが、1000枚に渡る般若心経の写経を残した。お墓にともに埋めたのであるが、その一部は手元に残してある。般若心経を写経することによって心の平安と無心を得ていたのだろうと思う。あまり心の交流のなかった祖母であったのが今でも心残りである。今の私であったらもっと話すことがあったろうにと思う。いつも木彫りばかりしていた祖母。その作品たるや今でも家中に溢れている。昔は物が残るような趣味は持つものでない、と思っていたが、今ではその考えも変わってきた。祖母のおかげで今のアレの木彫作品も生まれた感もある。祖母の心がどこか私の人生にも生きている。

今年の7月、桂のHouse of Artにて展覧会を行っていた際、素敵なご夫婦と出会った。
嵐山にお住まいを持ちながらもう退職している年齢でありながらご主人が東京に仕事を抱えることにとなったため東京と京都を行ったりきたりしなければならない、イタリアにも何回も訪れたことがあると語っておられた。最後に贈り物として戴いたのがこの珠玉である。
ご主人のお祖父さまが筆にてこのたった3cm径ばかりの玉に般若心経を書かれたもの。
こんな大切なものを頂けるとは。わたしたちの大事な宝である。

先日久々に小林正樹監督の1965年制作の映画「怪談」を見た。同年カンヌ国際映画祭にて審査員特別賞も獲得している作品である。「黒髪」、「雪女」、「耳無芳一の話」、「茶碗の中」 の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の四話のオムニバスである。今さらながらその映像の斬新さ、全編にあふれる静寂感、現代のコンピューターを駆使した特殊効果があじけなく見える手作りの舞台、映像、雰囲気作りの手腕に感心した。その俳優人の豪華さも含め必見の映画である。
さて「耳無芳一の話し」に平家の落ち武者の怨霊のために琵琶を奏でる芳一を救うために全身に般若心経を写経するのである。その映像は生々しくそして美しい。
イギリスのピーター・グリナウェー監督も"Pillow Book"製作に当たってこのシーンを参考にしたに違いない。

般若心経への思いは常に日本の人々の心の歴史に深く関わっていたのだろう。
わたしもいつか写経をしながら「空」への「無心」への達観に少しでも近づきたいと思う。

怪談
/ 東宝ビデオ
[PR]

by jamartetrusco | 2007-09-26 16:40 | Vita (人生)


<< アトリエの画家      水面下の美術館 >>