トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 28日

Legenda della Vera Croceー聖十字架の伝説

聖十字架の伝説。
イタリア語ではLegenda della Vera Croce。
キリスト教の精神史にかかせない聖遺物信仰の内もっとも神秘溢れるものであろう。

キリストの磔刑に使われたとされる聖遺物としての十字架の伝説である。13世紀に
ジェノバの大司教であるヤコボ・ダ・ヴァラジネにより完成された「黄金伝説」に明記されている十字架に使われた木の神々しい由来。
十字架となった木はもともと「エデンの園」に生えていた「命の木」の種から生まれたものである。アダムが死の床で息子セトを天国へ送り、死への旅の糧となるよう慈悲の油を取りにいかせるが、大天使ミカエルはその代わりに「命の木」の種を与える。
これを墓に埋葬されるアダムの口に落とすと口から「命の木」が生えてくる。
この木は後に伐採されて橋となりその上をソロモン王に会うために旅するシバの女王
が渡る。その橋木の力に驚愕し橋の上に跪き讃え祈る、というものである。その後キリストの磔刑に使われたものとして奇跡的に発見される話しへと続く。

アダムの口から生えてくる「命の木」のイメージが極めてシュールで視覚的だ。
人の肉体がそのまま埋葬され、そしてそれが土となり、自然へと回帰し、その上に
新たなる木の生命が生まれてくる。その象徴であるのだろう。
土葬である西欧社会ならではのイメージである。
アレによればトスカーナの糸杉が多く生えた小高い丘は墓であると言う。墓地にも必ず杉の木が生えている。イタリアの墓はよほどのお金持ちでない限り遺体は土葬されて十年経つと骨だけ納骨堂に移され、また同じ土に新たなる遺体を埋める仕組みである。であるから同じ場所には多くの人の生命が埋められていることになる。肉体に執着した信仰であるから聖遺物なるものも存在するのであろう。
そしてオリーブの根っ子の生命力とその湾曲した姿は土の奥底にある何百年、何千年にも渡っての人と自然の絡み合いの結果であるようにも見える。

一本の木の伝説がキリスト教世界全体のあり方を示しているような気がする。
それはわれわれが神々しいものとしてしめ縄をつけ、古木を拝む心の有り様とは全く
別のものであろう。

文明の歴史、人の精神史を知る、ことの大切さ。
伝説は真実を語っていることが多い。



f0097102_23451565.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-11-28 23:46 | Paese (土地柄)


<< 通称AR宣言      アートの行く末? >>