2007年 12月 20日

旅から帰ると

旅から帰った後は頭が非日常へと飛んでいて日常茶飯事に戻るのが困難である。
一時一時が新しい出会いのある一日を過ごすことの新鮮さと快感。
朝起きて夜寝るまでの一日が、ぎっしりと色彩鮮やかに塗り込まれた体験の一画面のようだ。すかすか、でない感覚。
緊張感と覚醒感に満ちている。

今のイタリアはどこかおかしい。帰ってくるとほっとしない。
人々が荒んでいる。親切でない。倦怠と不満と怒りに満ちている。
ポジティブな躍動感がない。
住んでいると粗が見える、というだけだろうか。


f0097102_1747148.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-12-20 17:47 | Vita (人生)


<< クリスマスにちなんで      通称AR宣言 >>