トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 27日

考える猿

f0097102_23282666.jpg


ニューヨーク、マンハッタンの一地区、チェルシー。
現在、現代アートのメッカと言えるギャラリーが処狭しと集まる地域である。
以前はソーホーがその中心であったが今では見る影もない。唯一まだ残っているのは
60年代名高いレオ・カステリ・ギャラリーの立役者レオ・カステリの右腕のイヴァン・カルプの営むOK Harrisぐらいである。
栄枯盛衰とはこのことである。
しかしこのチェルシー地区、あまりにも多くのギャラリーが混在するのでよほどのエネルギーがないと一軒一軒まわる気がしない。
それでもいくつか印象に残る展覧会に出くわした。
その中の展覧会のひとつ。
Andrew Kreps Galleryにて開催中の"Shape of the Ape" 「猿の形」。作家はクラウス・ウェバー。後でわかったことに作家はドイツ人である。やはりヨーロッパ人の
感性なのだろうか、心が通じるところがある。
展覧会もあまり見ると食傷気味になり、印象に残らないのがほとんどであるのにこの展覧会は妙に鮮明に頭に残ったのである。
展覧会は全体がひとつのインスタレーションになっている。大小様々な「考える猿」の
像がブロンズや焼き物などの素材にて高さの違うガラスの台座に鎮座している。
猿はダーウィンの本に乗って、髑髏を片手に沈思している。
「考える人」や「ハムレット」のパロディーであろうか。
ダーウィンの「進化論」を基調とした「人間が世界の中心」的な近代文明の行きつまりとそれによる結果の皮肉とも見える。そしてどことなくユーモラスで笑いを誘う猿である。
実はこの「考える猿」のブロンズ像、ウルフガング・ヒューゴ・ラインホルドという19世紀に生きたユダヤ系ドイツ人が作ったもので、この展覧会で使われた30体あまりの像も一人のコレクションらしい。
まつわるエピソードとしてはあるアメリカの有数なる企業家でありアート・コレクターとして有名なアルマンド・ハマー(レオナルドの自筆本であるコーデックス・ハマーの持ち主本人でこの写本は1994年にビル・ゲイツが落札した)が当時のロシアとのビジネス交流を促進しようと1922年にレーニンにこの像を贈ったとのこと。
結果はかんばしくなかったもののこの猿の像だけはその後ずっとクレムリンの机を飾っていた、という。

時代と歴史の変遷に関わらずその足跡を残したこの猿の像。
あらたに現代作家のインスタレーションを通じて目に留まった。
像としての歴史を経た存在感を備えているに違いない。

f0097102_23284568.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2007-12-27 23:36 | Arte (芸術)


<< 新年を飾るオリーブ根の山      クリスマスにちなんで >>