トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 30日

Van Der Graaf Generator のイタリア公演

ピーター・ハミル率いるヴァン・デル・グラーフ・ジェネレーター(以下VDGG)がイタリアの唯一の公演を3月29日、リボルノのロズィニャーノのテアトロ・ソルヴェイにて行う。
リボルノはここから2時間ほどで行けるトスカーナ州内の港町であるので行くのは
間違いなしである。
2005年に初めての再結成コンサートをロンドンにて行ってからグループにて度々公演活動を行っている。
VDGGはイタリアにて長い間不朽の人気を集めている。プログレッシブ・ロックが盛んであった背景もあって(イタリアのプログレ、オルメやPFMは有名)ジェネシスやVDGGはイタリアで初めて認められたという歴史があるのだ。VDGGのアルバムの売り上げは唯一イタリアにてトップチャートを飾ったのである。

去年の11月のピーター・ハミルの日本公演には行きそびれているので今回は我ながら力が入っている。2月1日より電話にて予約開始というからもうすぐである。
問い合せ番号に早くも電話してどのように券を取れるのか聞いたところ電話にて予約するだけのよう。クレジットカード支払いとか?と聞くとそれも入らないらしい。行う劇場が市の経営する処であるのであまり商業主義でないのであろうが、本当に予約だけで大丈夫なのだろうか。。

土曜日なので家族3人にてリボルノ観光の後コンサートという予定であるが、本当に
娘は耐えてくれるのか心配。なにしろVDGGの音楽は好きか嫌いか、という中途半端な
ものでないからだ。
ロックコンサートに初めて行ったのが小学校2年の時の武道館のモンキーズ(歳が
割れますね)という自分であるので9歳の娘に初体験させるのも良いだろう。
初体験がVDGGというのはなかなかおつなものである。
オペラやクラシック音楽がスタジオの必須音楽であるアレも来るというのだが、本当に
大丈夫?まあ皆初体験をしてもらいましょう。


VDGG on You tube
[PR]

by jamartetrusco | 2008-01-30 19:46 | Vita (人生)


<< アメリカの現代陶芸界      想像力の偉大 >>