トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 26日

Villa Mediciの存在感

f0097102_18115243.jpg


ローマのスペイン広場を上りぬいたところにあるVilla Medici。今では アカデミア・フランチェーゼ(フランス美術院) として知られる。過去にはアングルやバルトュスがこのアカデミアの館長であったことは有名である。

ローマ時代まで遡るこの地所に今そびえて建つのは1576年にこの地所を買い取った
メディチ家の枢機卿であり、後にトスカーナ大公となるフェルディナンド・ディ・メディチが建築家バルトロメオ・アッマナーティに設計建築させた屋敷である。古代ローマ芸術の愛好家であった同枢機卿の希望により建物の外観にもローマの遺跡の部分を取り込んで装飾とした。ローマ時代の収蔵品を集めてこの屋敷に保管していたらしい。
建物の中心に配置された見慣れたメディチ家の紋章が多くを語っている。

f0097102_18124395.jpg

f0097102_18125939.jpg

f0097102_18131585.jpg


ローマ時代の基盤に建ったこの屋敷の規模とその美しさ、典型的なヨーロッパの庭園、遠景にはサン・ピエトロを中心にローマの街が展望できるという、まさに理想郷の実現に近い。

18世紀になってメディチ家の血筋が途絶えた後、フランス国の手に渡ることになり、以前からあったアカデミアをこの屋敷に移転して現在までに至る。ナポレオンも強く
この屋敷を望んだらしい。当時のヨ−ロッパの諸国間の複雑なる交わり、攻略に支配、それぞれの国の歴史があまりにも交錯し、王侯貴族の家系も互いに切っても切れない関係にあり、独立独歩にて存在する国などないのがヨーロッパである。この屋敷の歴史もそれに呼応する。

f0097102_1812975.jpg


現在ちょうどイタリアの現代作家、ジュゼッペ・ペノーネの展覧会を開催中であった。
ペノーネ(1947年生まれ)は主にブロンズ、大理石など彫刻の古典的素材を使って「自然」を再現する作家である。アルテ・ポーヴェラ、ランド・アートを代表する作家と見なされている。展示空間の美しさとあいまってなおさら効果的である。

f0097102_18133657.jpg



ひとつのヴィラを通して芸術というもの、文化というものの重みを否応なしに感じさせる。
そしてとりわけメディチ家の遺産の重み。メディチ家の存在がなければイタリアの
今はないと言えば過言であろうか。


f0097102_1812256.jpg


f0097102_18215172.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2008-02-26 18:37 | Storia (歴史)


<< 影      恒久なる岩 >>