トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 29日

ロバート・ウィルソンの面白み

Robert Wilsonーロバート・ウィルソンは近頃大変に気に入っている作家である。
1957年イギリス生まれ。イギリス、スペイン、ポルトガルを行き来している。
一般的に言えば推理小説作家ということになるのだろうか。
推理小説というと文学的に一ランク下がると考える方も多いだろうが、英国に
おける推理小説の伝統は深く厚く、そして文学的価値も衆知のごとくである。
スリラー、サスペンス、クライムストーリー、Who dunnit、いろいろな描写が
できるこの小説の一分野であるが、ロバート・ウィルソンを簡単に位置づけるのは
難しい。20世紀史と密着した人間模様の括りの中で、現在生きる人間の犯罪と
その周辺の人間関係が複雑な筋を縫って歴史を遡る過去の悪と繋がっていく有様。
単に誰が誰を殺したか、という発見ではなく、主人公である真実の探求者とともに
読者が発見していく主題の中に埋もれた事実が白昼に晒される様は実にタイミングよく巧妙である。
そして物語の特徴は第二次大戦の悪夢が筋の根底にあることだ。
それもスペインやポルトガルの大戦時、内戦、そして独裁政権時の歴史背景が
重要な鍵を占めている。
The Blind Man of Sevilleは特に圧巻である。

そして思うのである。
第二次大戦後の混乱から這い上がって経済的に成功していくのはほとんどが他人を踏みにじり反人間的悪行も辞さず、終戦後の都市再建設や財源収集などに直接関わっていく極度の悪玉ばかりである。混乱の中で手段選ばず土地や財産を自分のものにしていく。
これらの悪行の結果が現在の資本主義社会のまさに根底となるものである。現在の大企業なり、世界をコントロールする見えて見えない力のもとはすべてこういう所業にあるのでは、と。もちろんこういった見方はウィルソンの世界観によるものとは言え、真実は確実にそこにある。
故にしてこの現在の世界の行く末、良い方向に進むわけがないのである。大戦後の悪から腐って咲く華はもうそろそろ朽ち果てるしかないのであろう。

彼の小説を読んでいて想起したのは最近アカデミー賞の外国映画賞に輝いて話題を
集めたメキシコ生まれの監督ギィエルモ・デル・トーロの視覚的に美しく、そして
背筋が寒くなるような心理的恐怖を呼び起こす映画のいくつかである。
Pan's LabyrinthThe Devil's Backboneなど。物語の展開はいずれもスペインの内戦時代の混乱と残酷を背景に人間の本能的生き残りのための極限の心理状況がファンタジーと心霊現象との曖昧な領域の中に描写されるのである。映像はあくまで色彩鮮明で、残酷なほど現実味がありながら夢想的である。悲劇の中にどこか救いの一光もある。好きな監督の一人である。
余談であるがトーロはJRR トールキンの「指輪物語」の前話である「ホビット」の映画化に当たり監督として抜擢された。トールキンの世界を表現するのにまさに最適な監督であろう。「ロード・オブ・ザ・リングス」を監督したピーター・ジャクソンがプロデュースである。今から完成が待ち遠しい。

The Blind Man of Seville






Devil's Backbone
[PR]

by jamartetrusco | 2008-04-29 18:08 | Libri (本)


<< 五月晴れ      内、または隠れたるもの >>