トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 30日

続けること

先日エルダが夏のグループ展に出品するアレの作品を選びに我が家を訪れた。
展示空間をすでに見ているのでどの程度の数と大きさが必要が分かっているのは
彼女のみである。Villaの中にある元礼拝堂の空間が展示壁面となるらしい。
天上高もあり大きな壁を埋めるとのことで、アレの作品中比較的大きなキャンバスを
3点一組を1作と2点一組を2作、選んだ。
そして残りは40x50cmの作品のコンポジションとなる。
大きな作品は輸送上日本では展示したことがないので未発表作品がいくつもある。
今回近間での展覧会なのでその辺を初めて出品できることは満足だ。

作品選びにあたって第3者の眼の存在の価値を改めて感じた。
いつもアレ自身、もしくは側近である私とで選んでいるが、今回良き理解者であり
批評家であり、長年の友人であるエルダに選んでもらうことによって作品に新たな
光が当たる思いである。
心の荷が降りるような快感である。
批評家が作品について語ってくれたりする、そして第3者が好んで買ってくれたりする
ときの快感はそれこそ作家としてひとつの醍醐味だろう。
しかしそれが度を超して行き自身の管理域の外に飛んでいくとき作家は果たして
満足なのだろうか。
現存作家として自分の作品が何億にてオークションにて売れるとき、どのような気持ちがするのか想像するにむずかしい。
自分の制作した作品への胡散臭さを感じてしまうのではと思う。
死んでから売れる方が返って幸福かもしれない。
スタジオを処狭しと埋めていくアレの作品群。娘はいったいこれらの作品を将来どうするのだろう。

作家にとって最も重要なのはとにかく自分の信じるところを制作し、そして周りが
どうなろうとも、売れようが売れまいが、とにかく「続ける」ことである。

それしかない。



f0097102_229488.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2008-05-30 22:07 | Arte di Ale(アレのアート)


<< 今日からバーゼルへ      古葡萄のような人 >>