トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 30日

Artistとはいったい?

ここのところアーティストとはこれいかに?と考える機会が何回かあった。

ひとつはロンドンの大手オークション会社のササビーズにおける現存作家、デミアン・ハーストの展覧会。展示された2年間に渡って制作された新作はそのまますべてオークションにかけられ画商の手を渡らないまま即買い手に入手される、という美術市場初めての試み。オークション前から、賛否両論、さまざまな議論がネット新聞上にてかわされた。アーティストが第三者の介入なしに直接買い主に作品を提供するという美術市場にとって革命的な出来事であるという論点もあったし、作家のやり方や行動は賛同できなかったのだが展覧会に出された作品を見て改めて作家としての技量を認めざる得ないという作家への脱帽を表明する記事もあった。さらに行動の自由を謳歌する作家万歳、的なものも。結果はリーマンズ・ブラザーズ証券会社の倒産の大波乱の真っただ中のオークションであったにも関わらず2日間のオークションにて1億ポンド以上の売り上げを上げたのである。お金のあるところにはある、という事実。
もともとハーストの作品のファンでないのでかなり先入観のある立場である自身であるが、この出来事はどう考えてもオークション会社と作家との共同市場開発にしか他ならず、それにハーストの画商であるホワイト・キューブも落札者の一人だったと聞くからその参入も納得。自分の作家がある程度の価格で売れなければ価格崩れが来るので当然だろう。実際に展覧会自体を見ていないので意見を言う立場ではないものの、様々な記事を読んで伺い知る限り、今までの仕事の集大成的な展覧会で、ハーストの定番のようなホルマリン漬けの生物やダイヤモンドの頭蓋骨の習作などなど、ハーストならではの作品の再制作であるにしかすぎない展覧会だったようである。一体なんのための展覧会?と疑問せざるを得ない。
彼の作家として自己顕示欲と今の美術業界へ「あっかんべー」をするような姿勢には
やや同感する気持ちはあるものの、どうも納得できない。結局は何を示したかったのだろうか。話題性を演出することによってオークション会社と投資家と画商とコレクターの懐、そしてとりわけ自らの懐を確かにするという試みにしかすぎない。作家として真に制作したい作品を作りだしているのだろうか。なんだかブランド品の大量生産のような。そしてそれに食らいつくピラニアの群れ。

そして今日イギリスの中道保守の新聞タイムズが成功している中堅作家にいかにアーティストとして継続するかのアドバイスをもらうTimes Art School「タイムズ・アート・スクール」というシリーズ記事を読んだ。内容を読んでつくづくがっかりした。作家志望の若者へのアドバイスとしてそれぞれの作家の一言があるのだが、ものを作るものという「アーティスト」という立場がまるでひとつの成就する職業として捉えられているのである。あまり容易な成功を考えるべからず、とか何歳になっても継続すること、いずれ認められる、とか、作家同士で団結すればなんとか突破できる、とか、要するにどうすれば成功物語をなし得るかということが話題の焦点なのである。もちろん記事自体がそのことを目的にしたものであるから質問を受ける作家に罪はないかもしれないが、ひとりとして自分の生き方としてものを作っている、というような見解がないのである。唯一コロンビアの作家のドリス・サルセドのみがいかなる障害があろうが、自分の信じる仕事に忠実であることが大事だと述べていた。彼女の作品について触れたことがあるのは偶然か必然か。

作家であること、アーティストとしての存在というのは自分の信じる生き方、存在自体を信じて続けていくしかない。成功とか作品が売れるとかいうことは二の次である。二の次であることが第一の目的のような捉え方をされている現在のマスコミ、美術界、もしくはこの現代の人間の精神状況はなんと言っても本末転倒であり、どこかが間違っている。生きる、という事自体がまるでお金中心に考えられているこの世の中、どうもついていけない。

そう考えると生き物をホルマリン漬けにしてしまうハーストはある意味でその辺の皮肉を呈示しているのかも、などと勝手に解釈できるのも不思議である。


f0097102_4572892.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2008-09-30 05:01 | Arte (芸術)


<< 負のエネルギー      今日という瞬間 >>