トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 18日

失敗それとも必然的

この数週間、絵画表現に向かっているアレ。
何を表現して良いのか思いめぐらした時期が長かった。
今でも自分の中でもやもやしたものが在るのは見ていてわかる。
でもそれも時間の問題。やっと見えたてきた何かがあるようだ。

下地を砂地で入念に準備してそろそろ何が出てくるのだろう、
と期待していたら次の日真っ黒のドロドロの画面があった。
あーまたドロドロになってしまった、と思った。
そしてそのどろどろを克服しない限り次に進まない。
精神、表現が沈殿する、ということの表出。
ところがこのどろどろの色は何故か翌々日に消え去っていた。
下地の具合が悪くて全部溶けてしまった、とがっかりとスタジオから
キャンバスを持って出て来た。
ところがその溶けてしまった跡の方がよほど良いように思った。
だから、もうそのままにしておいた方が良いのでは。

という私の言葉に納得したのか、ひとつの絵となって残っていた。

失敗の結果なのか必然なのか。
制作の中の不思議である。

f0097102_21144062.jpg

[PR]

by jamartetrusco | 2008-10-18 21:15 | Arte di Ale(アレのアート)


<< フランシス・ベーコンという作家      人の顔 >>