トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 11日

クリスタル・ブルーの城

f0097102_21491195.jpg


ロンドンにて11月30日まで見ることのできる不思議なインスタレーション。
アートをギャラリーや美術館、劇場などの限られた箱を越えて公共コミッションの展開として社会に促しているArtangelの企画。Archangel(大天使)を文字ってArtangelとしたのだろう。象徴的な名前である。

今回の企画は1975年バーミンガム生まれのRoger Hiornsによる時間の経過が必要なインスタレーション作品Seizure
作品というより時を経た空間創造である。Seizure(占有)というタイトルがまさにびったりであるのは60年代の古びた小アパートの室内空間を硫酸銅の青色のクリスタルが被い尽くして、まさに空間を占有しているからである。天上か壁から床から風呂桶まで。すべてがイブ・クライン・ブルーの一色に染まり、まるで宇宙の不思議な生物がこのアパートへ移り住んだ趣きである。光も控えてあるため、暗闇に輝く超現実的なクリスタルの城に足を踏み込むようである。
化学の実験に近い試みであるこの奇異なインスタレーション。硫酸銅をここまで育てるのもある程度の時間が必要であろう。
制作プロセスはアパートの上階の床の隙間から硫酸銅を溶かした温液を75,000リットル流し込み冷える段階でこの液体が接触したすべての部分がクリスタルに変容して行くのを待つ。不要な液体は吸い取り、出来上がったのがこのインスタレーションである。

洞窟探検、鉱物の煌めきへの憧れ、一色に染まった世界を前にする畏敬の念、海、空にも象徴される「青」という色への太古からの憧憬、一般の人々の深層心理に訴える極めて効果的なインスタレーションである。そしてなによりも美しい。

Seizureという宇宙のミクロの侵略を連想させるタイトルとともに自然の化学的現象の恐るべき繁殖能力に驚きを覚える。この作家の真の目的はこの空間への入城から喚起される視覚的、体験的色彩のインパクトであるに違いないが、生き物の存在の儚さへの言及でもあろう。
自然が突然狂気と化して地球が硫酸銅のやしろとなったらもう生きるものの住処などなくなってしまうであろうから。
それにしても会期が終わった後このクリスタル城はどうなるのだろう。
どこかに移築されて永劫の展示となるのか。アパートの構造自体は朽ちてもこの
クリスタルは残ること間違いない。

[PR]

by jamartetrusco | 2008-11-11 22:16 | Arte (芸術)


<< 心の中の神殿      箱の中の猫 >>