トスカーナ 「進行中」 In Corso d'Opera

jamarte.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 28日

大地の音ー民の音

ローマにて久々に心身ともを揺さぶる音に触れた。
ローマ近郊の文化協会の小さな穴蔵の中でのダイナミックなコンサート。
天地をふるわせるその迫力ある太鼓とタンブリンの音色。そして音を転がすような歌声。
なんと言ったら適切だろう。中近東のやや悲しげな単調音の調べとイタリア土着の
長調の音と合わせて2等分したような。
一言で言えば民族音楽。しかし単に伝統につながる歴史音ではなくまさしく「今」に息づく音である。
一度奏でだしたらもう二度と止まることのないような、そのめくるめく音と歌声の響きはじょじょに恍惚の境地へと心と体を運んくれる。
グループの名前は Tamburi del Vesuvio 、ヴェスヴィオ(ポンペイの噴火で有名な)の
太鼓。歌師はNando Citarellaというナポリ出身のTambrellista、タンブリン名手である。
彼の手にかかったら大小様々のタンブリンも肉体の一部であるかのように動き出す。
その艶のある声色で高音に響く歌声はまるで人間を越えた「音」のひとつのエッセンスである。
聞いているものは自然と踊り出す。普通の中年のカップルが信じられないような魅力的でセクシーな踊り手となる。そこにあるのは男女の生と性の宴。
人間の生の喜びを、男女の間の愛の喜びを讃え奏で、踊る。
イタリアのナポリやプーリア地方がその発祥の地であるtarantella,或いはpizzicaとして知られる男と女の体を絡ませて(微妙に触るようで触らない)の肉感的、官能的な民衆の踊りである。
真の意味で至福感を与えてくれる音色。大地と密着した人間の存在の喜びをそのまま
音にしたものである。
当分この音にはまりそうである。


[PR]

by jamartetrusco | 2008-11-28 18:57 | Paese (土地柄)


<< 先祖帰り      エトルリアのゴルゴン鬼神 >>